エリーゼで行ってはならない309号線

さて、そんな訳で・・・

こんなスタートですが・・
タイヤに岩で輪留めをして・・・ からのブログスタートであります。

って言うか、だから言ったのに、思いっきり酷道と言うか、スレ違いも不可能なくらいの細い道で、ココまで辿り着くのも無理っぽかったぞw
そもそもエリーゼでこんなトコ来ちゃダメww

この奥に駐車場があるんじゃない? と、Ⅰさん・・・


こんな酷道に駐車してますから・・
コレ以上行ったら、道がなくなりそうな限界っぽかったぞ?w

日常的に関西一の超酷道と言われる暗峠を走ってるMさんでもビックリするぐらいの酷道っぷりで泣きそうだったんだからw

マーチでもこの有様です
普通車のマーチでもきちんと輪留めしてます。

写真では平地に見えますが、ココはかなりの斜度。
このまま進むと自然に道がなくなる山奥であります。






さて、急勾配なケモノ道みたいな山奥を走った一行ですが・・・
下に降りて、メインとなる酷道を徒歩で調査すると・・・

なんか見覚えのあるトンネルだが・・?
(-ω-;) なんか、この細いトンネルは見覚えがあるんだが!?


未知との遭遇か!?
未知(道)との遭遇!? トンネルを抜けるとそこは!?


コッチの方が余裕で駐車できるじゃんw
めっさ広い道やんw コッチに停めれば良かったやんww

って言うか、この道って309号線じゃない?
大昔に大台ケ原方面からココまで抜けてきた記憶があるぞ?
確か、アレは夏の真夜中の出来事。
シトシトと小雨も降りつつ・・・
酷道な309号線を抜けるのに2時間半は掛かったような・・・


アレが目的の吊り橋ですか?
アレが今回の目的の吊り橋です。

なんでも、Mさんがどうしても吊り橋を渡りたいってんでココへ。
もっとも、こんなマニアックな吊り橋では満足できないMさんはツーリングが終わってから、更に十津川の谷瀬の吊り橋へと向かった訳なんだが・・・w


それにしてもかなり渓谷です
それにしても、かなりの渓谷です。

何気に超観光地でありまして・・・
変態じゃない一般人の観光客、釣人が多く、駐車場は大混雑。
途中の道はスレ違い出来ない位に細いのに行く人、帰る人でカオスな状態でありまして・・・
ホントになんとかココに辿り着いた感じです。
あと、落石当たり前でもありますので・・・
エリーゼとか変に高級車で来ない方がイイです。
フェラーリとかランボルギーニとか、まず無理です。

この日も落石でレンタカーの御一行が事故ってまして、K察が事情徴収に来ておりましたが、いつものコトと言った感じでありました。(汗


是非とも肉眼で見て頂きたい絶景です
しかし、水のキレイさ、岩の大きさ、まるで日本じゃないスケール!


奈良のゴロゴロ渓谷より数倍スゴイ
奈良の神野山のゴロゴロ渓谷より数十倍は壮大な感じです。

コレは是非、肉眼で見て欲しいですね。
ラスベガスのザイオン国立公園やグランドキャニオンレベルです。

しかし、今回の目的は渓谷の偉大さを感じるコトではありません。
目的はあくまでも吊り橋です。

そして吊り橋を渡るには川沿いではなく、山の中を登山しなきゃ!


遊歩道に突入するアニキ
とても遊歩道?と言えない険しい山道を行かなくてはなりません。

ですが、写真の通り・・・
我々には、ネタの 頼りになるアニキが居てます。

Σ(- -ノ)ノ エェ!? ココ行くの?マジで?w

っと、皆が躊躇してる間にアニキはズンズン進むのがデフォ。


俺に続け状態です
後ろは振り返らない。例え誰も付いて来てなくても・・・

それが、アニキのアニキたる由縁です。
コレが車になると、乗った瞬間にはエンジン掛けて出発してるんで、初めてツーリングに参加する方はお気を付け下さい。
最悪、自分の車に乗った時点で置いて行かれてます。
目の前にはスデに誰も居ないかも知れません。
まぁ、今回も何気に何度もはぐれたんだが・・・w


途中の道はほとんどスケルトン
途中の道はほとんどが金網スケルトンです。

彼女さんはこう言った時の為に、念には念を入れて山とか変な場所を歩く為の低いヒールを持参してたんですが・・・
履いてるのも持ってきたのもヒールだったので結果同じでしたw
Mさんの奥さんも例外なく大変だったみたい。

まぁ、ココに来てる人はほとんど全員が登山服だったけど・・・
普通の服でココに来たので100%パンチラ状態です。(笑


アメリカのザイオン国立公園山登りみたい
ベガスのザイオン国立公園の登山トレッキングとよく似てます。


で、しばし進むと、目的のコチラに到着!

さて、吊り橋と言えばアニキがデフォです
そうです!アニキの見せ場 吊り橋です!


金属なのにぐわんぐわん揺れます
金属製なのに、何気にグワングワンと揺れます。(汗


スグ下はかなり岩で怖いです
橋から下はかなりの絶景です。いぁ~怖いですねぇ~w


橋を渡ってご満悦のアニキ
橋を一番に渡ってご満悦の男の後ろ姿であります。

背中で語る・・・とは、こう言うコトなんだと思います。
笑いが止まらんかったけどw


ココから洞川まで行けるんですかね?
どうも、この山道から前の洞川まで行けるみたいですね。

ホンマかいなw


そんなこんなで再び細い山道を下ってコチラへ。

帰りは黒滝茶屋で休憩
途中で油断して写真撮影してると見事にはぐれました。w

峠の茶屋ならぬ、黒滝茶屋であります。


ココの柿の葉寿司は特別美味いらしいです
ココで作ってる柿の葉寿司は美味いらしい・・・

中の人は、あんまり柿の葉寿司が美味いと思ったコトはなく・・・
ただただ高いだけだと認識してるんで、買うコトは出来ず。
ドッチかと言うと美山の鯖寿司とか焼き鯖寿司のがイイです。


で、ココで現地解散。

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
こんな山奥で現地解散てwww


まぁ、そんなツーリングです。(笑
そういう自由な感じもイイよね。

Kさん、ⅠさんはⅠさんの実家経由でTKさんまで。
Mさん夫妻はココから更に奥地の十津川村へ。
中の人はそのままマッタリと帰るコトにします。


途中、すぐ近くの道の駅で休憩。

道の駅黒滝で紅葉を見てました
ほのぼのと紅葉を見てました。

と言うか、やっぱり・・・
ココは以前に酷道309号線を大台ケ原方面の入口から突入し・・・
真夜中に泣きながら走破して、やっと落ち着いて休憩できた所。
もっともあの時は深夜だったから自販機とトイレのみだったが・・・
途中の酷道の酷さに死を感じたり、全身に力が入りまくりで・・・
心から落ち着くコトが出来た道の駅であります。

この黒滝の道の駅は一生忘れるコトが出来ません。


そして濃コクソフト(日世)
そして、ツーリングの〆ってコトで濃コクソフトクリームを。

コレが実は日世の某フレーバーだとか、以前に仕入れたコトがあるとか、原価は幾らだとか、掛け率ナンボとか言ってはいけません。
なにしろ、この道の駅は特別な存在ですから。

ツーリングで疲れた体と心を(´▽`) ホッ とさせる。
それが道の駅なのです。

特に309号線を走破してきた人にとって、この道の駅は特別な存在だと思います。酷道が終わってスグの地点にあるのも納得です。


と言うか・・・

あれだけ309号線には二度と近付かないと誓ったのに・・・w


関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ツーリングレポート - ジャンル : 車・バイク

コメント

No title

同じコンクリ酷道でも、R308は丸滑り止めのあるもちょっとマシなとこですよ!><

あのあと谷瀬に着いたのはすっかり日も落ちた時間でした、
確か5時半くらいだったかなw
真っ暗な中でも、LEDチューブでライトアップされてて渡れるようになってました
うちの奥様も真っ暗だったおかげか渡れましたよー
あと駐車場も橋の通行料も、時間外だったせいかタダでしたw

ひさびさに土曜日休みにお付き合いありがとうでした~

Mk-Oさんへ

そう言えば、あの酷道は308号線でしたね。
308、309と危険ですねぇ~ 310号線は大きなお店の多いグルメストリートだったと思いますが・・・

真夜中の吊り橋ですか・・・
行けば良かったかな?橋の通行量はタダですけど・・・
駐車場は有料なんだからねっ!w

またいつでも月ヶ瀬へどうぞ。
今度は更に酷道突入かも知れませんが・・・ (笑

No title

行者帰りトンネル、みたらい溪谷ですね。あそこは僕も景色が好きで、ポルシェターボの時は良く通っておりました。流石に40では行く気にはなりません。紅葉はどうでしたか?

mm432さんへ

行者帰りトンネルって言うんですね。
なんかよくブログで見たコトもあるし、真夜中に走破した時に「なんだこのトンネルは・・ 壁剥き出しであぶねぇ~ そろそろ酷道も終りでコレかよw この先まだまだ油断できね~」と印象的だったので覚えていました。
明るかったら真下の川はこんな秘境になってたのですね。

F40で行ったら・・・ ワイド過ぎてスレ違いが無理w
フェラーリ、ランボルギーニなどの超ワイド系は行っちゃダメw
あとオープンカーもオープンで行ったら落石が危ないw

紅葉はイイ感じでしたね。なんか今がベスト!って感じでしたので周辺は観光客だらけで・・・ オープンなエリーゼで行ってしまったので色んな意味で目立っておりました。(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード