異国の車事情@プーケット

(-ω-;)ウーン この土日は休みではないんだ・・・
まぁ、エリーゼには毎日乗って出勤してますけどね。

そんな訳で、少し前のプーケット旅行を振り返ってみたいと思います。もちろん車好き目線で偏った情報ですけど・・・w

現地に到着して早々にデジャブ・・・

テスコロータスとノーヘル乗りたい放題
街並みとかノーヘル2人乗りとか、何となくバリ島みたい・・・

簡単に言うとバリ島のカオスな交通事情を少しだけ大人しくしてクラクションを鳴らさなくなった感じです。
そして、プーケットにもユニクロとかあるんですね。
あとTESCO LOTUSなる現地のスーパー?思いっきりそちらに惹かれましたが、ドコも立地的に観光地からは外れているので1度も行けず・・・

つい撮ってしまうロータス
無駄にTESCO LOTUSの写真だけ増えるみたいな・・・w

深夜便からの乗り換え朝一便で昼前には現地に到着。
個人旅行なので適当に空港タクシーの値段を見てホテルまで。
噂通りに途中でタクシー会社の事務所に立ち寄られて、オプションツアーを2個もGETしてしまいました。
まぁ、9連休の旅行でもちろん個人ゆえに全てフリーなのでオプションツアーの2個くらいイイよね?
最初はホテルでオプションの手配をする気だったのですが、多分タクシー会社の方が少し安そうです。
レオナルド・デカプリオの映画ザ・ビーチの舞台にもなったピピ島巡り、象乗りをチョイスしました。

そんな訳で車好きによる車重視の旅の始まりです。





w( ̄△ ̄;)wおおっ!

道がすげえw コレばっかりはバリ島にはない風景です。
ホテルが点在する観光地メインのカタ、カロン、パトン辺りの海岸沿いのメインロードが素晴らしくヤバぃです。

海岸沿いの道がすげえ気持ちイイです
めっさ自分で走ってみたい極上のワインディング・・・ (喜

右に左に上に下にと、日本では上りのコース、下りのコースと全体的にずっと上りか下りかの傾向が続くのがほとんどなんでしょうけど、ココではその常識が通用しません。
こんなにめまぐるしく勾配が変わる道は初体験ですね。


轟音と共にエクシージ1
嬉しくって、興奮して道の写真を撮りまくってました。

っと、どこからともなく懐かしい轟音が!?
その時は一瞬。
上りの対向車線を他車の3倍以上のスピードで駆け登ってくる水色の機体はまさしくS2エクシージではありませんか!
メタリックが全く入ってない水色のエクシージはレアモデルですね。
と言うか、プーケットで走ってるなんて感動です。

轟音と共にエクシージ2
たまたま撮った写真に偶然、写っておりました。v(。・ω・。)ィェィ♪

この日がプーケット初日だったので、何気にまた出会うコトを期待して常に車をチェックしていたのですが、結局この1回こっきりでした。
まぁ、朝一で旅行初日からエリーゼだなんて幸運の予感です。


カムリとヒルトンバス
ちなみにコチラが空港タクシーです。車種はカムリです。

一緒に映ったのは、ヒルトンの路線バス?です。
ヒルトンは敷地内がデカくて、あんまり使わない到着ロビーとアンダマンウィングロビーとがかなり離れているので、5分間隔ぐらいでグルグルと回ってくれてます。
ちなみにプーケットで最も多い車種はトヨタ。コレにホンダとかスズキと続きます。バリ島と比べると外車も割と多いです。ベンツとかポルシェとかも1~2回は見ました。
んでもって、どうやらココで女性にモテモテの車種はいすゞだそうです。

パトカー?はいすゞ
ドコの国でもパトカーはエエ車が支給なのか、モテモテいすゞでした。


コレもパトカー
パジェロ?ミツビシ車もランサーとか何気に多かったですね。

どうやら、丈夫でよく走って凸凹道も大丈夫な四駆がモテみたいです。
ここらあたりのモテ車事情は日本とよく似てますね。
プリウスも初代モデルは結構居てました。プーケット内は最新モデルではなく、ちょっと前モデルがメインで流通しているみたいです。

バイク多いです
街中ではバイクも多いです。けどバリ島と比べると5分の1以下かな?

基本的に交通ルールはしっかりとしてます。
運良く?事故現場にも遭遇したんですが、バリ島と違ってしっかりと事故処理されてました。
処理の仕方は日本よりしっかりしてるぐらいです。


メータータクシーです。たぶん
コチラは多分、メータータクシー。1度も乗るコトは出来ませんでした。

大体、観光ゾーンだとメータータクシーなんて居ないんだよね。
タクシーかトゥクトゥクしか選択肢がない訳ですが、タクシー=高い、トゥクトゥク=安いと言ったイメージがあったんですが、観光ゾーンではドッチに乗っても値段は定額制で決まってます。
ちょっと前のブログ記事で値段を調べて行った訳なんですが、スデに定額料金は値上りしてました。カロンからカタまで200B、パトンまで400B、プーケットタウンまでは600Bですかね?
そうなると空港からカロンまでの900Bが安く感じます。
バリ島みたいに交渉しまくって1日中専属ドライバーとして雇って3000円くらいな物価と比べるとプーケットはかなり高いですね。
めさめさ交渉しまくってもプーケットだと50B値下げさせるのが限界。

あとプーケット(タイ)と言えば、皆で乗り合いの激安バスのソンテウなんですが、コレも1度も乗れず。プーケットタウンからパトンまでを運行しているらしいのですが、先ず乗り方が解らない&ほとんど走ってない。
どうやら見かけたら進行方向の道沿いで手を上げて乗るそうなんですが、そう言われてもねぇ・・・
2~3度見かけたんですが、車内は現地民が多くとっても怖い雰囲気でした。あとスピードがゆっくりとの噂でしたが、街中で見たソンテウは、なるほど早歩き程度のスピードでして・・・
とてもじゃないけど、アレコレせっかちに回りたい日本人にはw

そして、プーケット(タイ)のメインとなる交通手段のトゥクトゥクなんですが、どうやらイメージしていた3輪のレトロで壊れそうなトゥクトゥクは、もはやプーケット内には1台も存在せず・・・
全てのトゥクトゥクが日本の軽トラを改造したモノでした。
どうやら日本車が入り過ぎの様です。おそるべし日本車パワー。

中古車はナンボか全然解らん
中古車?新車? いったいナンボで売ってるか全然解りませんw


トクトクがメインの交通手段です
基本は赤い色のトゥクトゥクが多いです。

しかし、黄緑や白、黄色と割とカラフルに沢山走ってました。


トクトクBMW
こんな感じでBMWのトゥクトゥクも走ってます。(笑

何て言うか、トゥクトゥクって観光のメイン手段になるし、プーケットに行ったら1度も使うコトがなかったなんて有り得ないし、定額の値段もドンドンと上昇しているみたいで・・・
基本的にほとんど全てのトゥクトゥクがかなりイジってます。
外装だったり、内装だったり・・・ んで、ほとんど100%がスピーカードッカンドッカン仕様です。


トクトクは基本的にイジリまくってます
豹柄の内装にスピーカーがそこらじゅう・・・

他のトゥクトゥクでは車内がネオン管だらけとかありました。
ボッタ価格で観光客相手から全員が儲けてんじゃないだろうか・・・
こんな軽トラのトゥクトゥクは深夜にもなると、カロン~パトンの海岸沿いをネオン光らせまくりで音楽をドッカンドッカンかけて走ったり、たむろしてたり・・・
パトンの繁華街ゾーンのホテルだとちょっとキツそうですね。
あんまり何もないカロンビーチ宿泊で良かった気がします。

何故か、スピーカーとネオン、外装にはこだわるのに、走り系のチューニングをしているトゥクトゥクは皆無でした。

たまにこんなボロボロも
中にはまるでイジってない、エアコンもないトゥクトゥクも・・・

まぁ、どんなトゥクトゥクに乗ってもカロン~パトンの山道はエンジンが悲鳴を上げてキツそうではありますが・・・
コレが乗用車になると、どうやら事情が変わってくるみたいで・・・

割と走り系のイジリをしている車が多くなります。

普通のセダンにブレンボ
普通のセダンなのにフロント6P、リア4Pのブレンボが付いてます。

山道がキツぃのでしょうか?
ブレーキ系をイジってる車が多かったですね。

イジってるけど残念な感じ
派手なエアロにVOLKのホイールって組合せも多かったです。

TE37とかも割とよく目にしました。
けど、走り系のイジりをした車は何故か少し足りないって言うか、残念な感じがするのは否めません。
走り系で完璧だったのは水色のエクシージのみですね。

羽も付いてイジってるけど・・
羽も付いてエアロもホイールも派手な正体不明のトヨタ車。


ど派手にカラーリングされてるのも多い
ド派手なカラーリングのホンダ・ジャズでしょうか?

何て言うか、どれもなんか中途半端な気がします。
と言うか、心惹かれる車が居てませんね。
普段からコダワリまくりの走り命のエリーゼ、エクシージを目にしてるからなんでしょうかね?

さて、そんなプーケットですが、ホテルが集まってる有名ビーチのパトン、カロン、カタ、プーケットタウンと色々と見所、遊び所の集まってるゾーンがある訳なんですが・・・
自分的には、どの街に行っても同じに見えました。
店が多いか少ないか程度の違いで、基本的にはバリ島のクタみたいな感じです。規模の大きいクタ、規模の小さいクタみたいな感じです。
全ての街を訪れる必要性は必ずしもない気がしました。

道が悪いのはデフォ
だいたいドコ行っても街はこんな感じですね。

やっぱり一番の繁華街パトンが最もゴチャゴチャしてますが・・・
泊まるならカタにもパトンにもアクセスの良いカロンビーチを選択して正解のような気がしました。
程よいバランスで街遊びも楽しめて店の選択肢も多い、ビーチも楽しめるって点ではカタ地区も良いかも知れません。

ちなみに一番の繁華街パトンでは、道を整備する時間もないのか・・・

雨が降ったらぐちゃぐちゃです
割と道がぐちゃぐちゃです。街中が酷道になってます。


道に色々と穴もあいてます
色んなトコで道にボッコンボッコンと穴が開いてます。


繁華街ほどグチャグチャです
とてもじゃないけど、エリーゼではまともに走れそうにありません。

水色のエクシージはパトン方面からカロン向きに走って来たけど・・・
ひょっとしてパトンの街中を普通に走れたんだろうか?(謎


未舗装路も多いです
未舗装な道もパトン地区では多いですね。


メイン道路は山道です
そんなパトンとカロンの往復はやっぱ萌ぇます。

スピードのないトゥクトゥクでも開放感があってオープンカーの様でワインディングを充分に堪能できます。


ものすごくワインディングなんです
なぜか山道の方がアスファルトの状態も良くて走りやすそう。


めっさ道は魅力的なんだけど・・
(-ω-;)ウーン 自分のエリーゼで走ってみたい・・・


雨が降ると不安が増します
そうそう行ったのは5月なんで丁度、乾季が終わったところ。

雨季って言う訳でもなく、間のグリーンと呼ばれる緑が美しい雨がちょいちょいある季節らしいのですが、雨季でも1日中雨ってコトはないそうです。
旅行中、朝だけ雨が2~3回、街中でスコールが2回ほどありました。
バリとは違って穏やかなスコールではなく、ゲリラ豪雨以上の台風レベルでスコールが降りますが・・・
カフェで食事でもしてると雨は止んでスグに猛暑になります。
日本よりジメジメっと湿度が高い真夏ですね。
普通に街中でも汗が止まりませんが雨が降ると一気に寒くなります。


すぐに川の氾濫状態です
道路事情が悪いのか1度の雨で街中は洪水状態ですw


もの凄い濁流です
急勾配のメイン道路は何て言うか、滝のようになります。(怖


そんな道を飛ばしていく訳です
そんな道を飛ばす訳ですから・・・ ちょっと怖いですね。

泥水で路面状態が解りませんが、ひょっとしたら穴が開いてる可能性も充分ありえます。(汗
まぁ、雨はスグに止んで少ししたら道もスグ乾くので・・・
レンタカーとかレンタバイクした人は雨が降ってきた時は、少し待ってから走った方が安全ですね。


基本的に路駐したい放題です
山道以外だと、ドコでも路駐してお咎めナシみたいです。

バリ島だとレンタカーするの怖い交通事情だし、タクシーが安いからレンタカーする必要性はまるで無いんですが、トゥクトゥクが地味に持ち金を削っていくプーケットでは、レンタカーで安く好きなトコに好きなだけ行くってのはアリかも知れませんね。
プーケットの交通事情ならアリだと思いました。


(おまけ)
プーケットで唯一馴染めなかった交通事情がコチラ。

この道路図でお解りでしょうか?
この写真でお解りですかね?

青空にドス黒い雲でいつでもスコールが嫌なんじゃありません。
ほとんど信号がなく、右左折が危険ってコトでもありません。
ロータリー式の交差点が馴染めない訳でもありません。
道路方式は日本と同じ右ハンドルの左側通行です。

正解は・・・

写真でも小さく写っている道路のキャッツ・アイです。
まぁ、日本でもキャッツ・アイなんてナンボでもあるんですが・・・
ちなみに日本でありがちな山道やコーナーでの段々塗装ですが、プーケットには無かったと思います。突然のスコールや道路事情をふまえると滑って余計に危ないから無いのかも知れません。

で、そのキャッツ・アイが・・・

こんなキャッツアイが埋め込まれてます
こんな感じの丈夫なガラス玉みたいな感じになっております。

シーザーのシャボンカッターの様です。
で、2枚目の写真でお解りの通り・・・

キャッツ・アイは道路中央だけでなく、歩道側にももれなくあります。
んでもって、プーケットの街中、メイン道路はきちんと区分けされた自転車道みたいな歩道がないトコがほとんどです。
駐車が自由なのか、路駐している車も多い訳で・・・
左端にビタっと路駐している車を避けて歩く訳ですが・・・

気を付けないと、割とこのキャッツ・アイにつまづきます。
ガラス玉なので、夜になると街灯のない街中ではコレが見えません。
充分に気を付けてたのに、毎日数回はつまづいてました。
皮靴なら何とかなるんですが、サンダルだと更に危険です。
指先を骨折するぐらいの衝撃です。

初めてプーケットに行かれる方は、街中を散歩する時は、このキャッツ・アイに充分注意して下さい。(笑


関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

プーケットいいですね~!羨ましい(^o^)
ただ私はツアーでしっかりガイド付きで行きたいです(^^ゞ

しかし画像見る限り、走っている車は日本車がほとんどなんですけど(・・?そうなの?

ゲリラ豪雨みたいなスコールがあるし、この道路事情じゃ、エリーゼはちょっと厳しそう。もしかしてプーケット唯一のエリーゼを見たとかじゃないですかね(・。・;

オバrevさんへ

プーケットは・・・
最初はココに来るんならもっと全てが揃ってる、物価が安い、見所満載のバリ島の圧勝だな!と思ったんですが・・・
バリ島とプーケットでは、そもそも基本の旅行代金がかなり違うので、プーケット有です。だってバリ島だと基本旅行代金が2倍ほど違いますもん。(当社比)
たぶん、小さい島なので2~3日回ればプーケットを理解出来ると思いますので、ガイドは要らないと思いますよ。

んでもって、走ってる車はほとんど日本車です。日本車以外はホントに稀です。レクサスも走ってました。TypeRも多かったです。
BMWとかベンツも走ってましたが、一番人気は日本車です。日本車の方が丈夫で気候変化が激しく、起伏が無茶苦茶な道では日本車の方が合理的みたいです。女の子にモテる車も外車より日本車らしいですから・・・w

エリーゼのコトは、運転手にも色々と聞いたし、自分の車の写真も見せたんですが、ドコの国の車かも解ってないみたいでした。
こういう土地柄では、バリ島もそうですがロータス車とかイギリスの車なんて選択肢も興味もないみたいです。
おそらく島唯一のエリーゼなんだろうと思います。(笑

No title

これ多分ラスト限定モデルのクラブレーサーだ…
しかも水色!
 これが当初は欲しかったんですよー
福井に一台だけ残ってたんだけど直前で買い逃したんです ぐぎぎ

でもそのおかげでさらにぶっ飛んだ色のを買えましたが(*^ヮ^)

Mk-Oさんへ

( ̄0 ̄;アッ そう言えばクラブレーサーの限定モデルにメタリック無しの水色があったような・・・

おかしいな?純正色のブルー系統は全ての色を一度調べたから純正であんな色はなかったハズなんだが・・・
と思ってましたが、そっかクラブレーサーってのがありましたね。

Mk-Oさんはアマガエル色がよくお似合いですよw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード