今さらプーケット旅行記@1日目

5月GW明けにプライベートでプーケットに行ってきました。
まぁ、今さらな訳ですが・・・
アイフォンに写真も沢山あるのでうpしたいと思います。

色々と省略してようやく現地に到着の初日(実質2日目)

たいていBIGブッダが付いてます
ツアーではないので、ホテルに行くのも自分次第・・・

旅行者確保合戦でカオスな空港から何とかタクシーで移動です。
たいてい、初めてプーケットに来たら車内にも飾ってあるBIGブッダのコトをかなり自慢されます。6泊9日ぐらいのロングな旅でしたから・・・
後日、違う車で何度BIGブッダの説明を受けたコトか・・・w


ん?コレはバリ島?
(○'ω'○)ん? コレは見覚えのある・・・ 完全にバリ島っぽいじゃん?


コンビニは沢山あります
事前評判通りに街中には日本で見たコンビニが無数にあります。

セブンイレブン、ファミリーマートがわんさかあります。
あとはタイオリジナルのバンブーマートとか、パンダマートとか・・・


雨季だからか暗黒と晴天と
やっぱり雨季だからでしょうか?暗黒と青空が広がってます。

休日の午前中にいつも通りにエリーゼでたっぷりツーリングをしてからの真夜中深夜出発。
ほとんど寝ずに飛行機の中でもアナと雪の女王を2回見つつのプーケット着ですから・・・
めっさ眠いです。日本の真夏よりめっさ暑いし、ホント疲れました。
到着初日の今日はゆっくり眠りたいです。



そう、アナと雪の女王の感動と共にゆっくり・・・







そう思ってたら、タクシーが会社にちょっと寄るってさ。
丁度、煙草を吸いたいから、「どっかで煙草休憩しよう」って言った訳なんだけど・・・
どうやら、前評判通りに空港でタクシーを拾ったら、もれなくタクシー会社に経由するみたいです。
そこでタクシー会社が代理店をしているオプションツアーをぐいぐい押されてボッタされるみたいです。


タクシー会社に途中経由
そう、こんな感じで・・・ (笑

どうせ、ホテルでオプションツアーを組む予定だったのでつい・・・
おそらくですけど、後で確認したところ、ホテルで予約するよりは断然安いです。あと面倒臭かったってのと、英語に不安を覚えてたってのもあるけど・・・
当初から予定してた象乗りツアーとディカプリオビーチツアー、帰りのホテルから空港までの送迎を予約しました。
2名で9000Bくらいだから日本円で27000円ですかね?
ボッタ感はないし、個人的に日本やホテルで予約より安いと思います。


んでもって、プーケット着が朝10時前な訳ですよ。
ホテルのチェックインが最短で14時な訳ですから・・・
途中でタクシー会社を経由しても3時間以上ある訳です。

どーしよっかなぁ・・・ (-ω-;)ウーン

と、そう思ってたら、タクシーの運転手が、この後、パトンビーチまで行くんですと。コチラが泊まるのはカロンビーチのヒルトンホテルですから・・・
とりあえず荷物をホテルに預けてタダでパトンビーチの繁華街まで送ってもらうコトになりました。


せっかくだからパトン繁華街に連れてってもらった
ゴミゴミしてて、やっぱりバリ島のクタみたいです。(懐

カロンビーチからパトンビーチまではトゥクトゥクで400B(1200円)はしますから、タダで来れたなんて有難いですねぇ~


とりあえずジャンクセイロン
もっとも有名であろう大型ショッピングセンターのジャンクセイロンへ。

初プーケットで何をどうしたらイイのか解らないのでココに来た訳。
よく解らんが、とにかく腹が減ったのであります。
今は眠気よりも食い気なのです。
初体験で怪しい店もアレなんでココでちょっと何か食べようかと。


フードコートに行って腹ごしらえ
想像以上にガラガラのフードコート・・・ (汗

後で解ったコトだが、どうも一番の繁華街の裏手の様です。
同じジャンクセイロンでも、ビッグCがある側はトンでもない活気でした。
まぁ、観光客も居ない現地民もほとんど居ない方がマッタリできます。


炒飯専門店?
色々全部見た中でもっとも安く、魅力的な炒飯専門店。

彼女さんは海老の入った炒飯。中の人はタイを意識して辛そうな炒飯にしました。
それぞれ40Bとか50Bだったと思います。
つまり、日本円で120円、150円って・・・ やっす~w


写真と現実が少し違うw
(-ω-;)ウーン 写真と現実が微妙に違う・・・

なんとなく、質素です。
まぁ、値段を考えれば当然と言えば当然か・・・
(1週間ほど色々な店に行ったがココが断然最安値だったと思う)


ここのシステムが面倒臭い
辛いタイ料理にはよく合うと噂のシンハーを初体験。

情報誌ではシンハー、タイ現地ではシンガーでした。
40Bなので120円と店で飲むビアとしては安いですね。

しかし、ココのシステムが超面倒臭い。
現金をココでしか使えない子供銀行的なチケットに変換して、そのチケットで購入するという学祭のバザー形式みたいなもんです。
英語なんてまるで出来ない訳ですが、なんとなく仕組みを理解した為に1人でチケット購入に行ってお釣の無いようにきっちりのお金で支払って・・・
どうもお釣は現金ではなく、チケットに変換されるっぽかったので・・・
そもそも余ったチケットを再度、現金に変換するなんて英語は無理w
彼女さんは英語ペラペラなんだけどなぁ・・・ (;´Д`A ```

しかも、何て言うかコレが今まで経験のない辛さw
1人フードコートで汗だくの怪しい人になりました。

HOTおけ~?
あー、HOTおけぃ!おけぃ!

なんてタイでは簡単に言うべきじゃありません。
(しかし、この経験から後のHOTは全てOKになりました)


とりあえずパトンビーチを満喫
汗だくではありますが、充分に一番の繁華街パトンビーチを満喫。

外は湿度と気温が高いので汗だくでも怪しい人じゃありません。
それにしても・・・ 眠い!w

パトンビーチはやっぱり、バリ島のクタと同じく物売りがわさわさ声を掛けてきます。けど、バリ島のクタと比べたら2割くらいの声掛けでしょうか?
バリ島の声掛けはカオス過ぎます。
それにしても、ココでは何故かずっと中国人と思われてました。

ハロー! ニイハオ!

(-ω-;) ぃぁ、ニイハオじゃねーし・・・

まぁ、日本人と中国人って見た目似てるからな・・・
ちなみに彼女さんは現地民と間違われてたみたいで・・・w


露天も味わってみます
そんな笑い話の中、タイっぽさを味わう為に露天を経験するコトに・・・


高いのか安いのか不明・・
初露天買いです。マンゴー1個で50Bでした。

コレが安いのか高いのか・・・
ちなみに後で解った平均的な観光客価格は1個50B~60Bでした。
1件だけカタビーチの端っこに激安&イケメンの露天がありますが・・・

味はドコで買っても激ウマだそうです。
しかし、マンゴーはドコで買ってもぬるいそうです。ショーケースの中に氷が敷き詰められててもぬるいんだそうです。買った物をホテルで冷やしても日本ほど冷たくはならないそうです。
お水は冷え冷えになるのに不思議ですね。


トゥクトゥクも一杯居てます
街中はトゥクトゥクだらけでカラフルです。

けど、イメージしてた古典的なトゥクトゥクは1台も走っていません。
今やトゥクトゥクは日本車の軽トラック改造品のみです。
日本のパワーを実感した次第であります。
(と言うか、走ってる車もほとんどが日本車)


確実にバリ島のクタっぽいです
(-ω-;)ウーン 繁華街に行けば行くほどバリ島っぽいですね・・・

バリ島に行くと現地では安くても飛行機代とかヴィラ宿泊代が高くつきますから、半額の旅行代金でバリ島を経験するならプーケットも有ですね。
バリ島4泊6日のお金でプーケット6泊9日が2回は楽しめますよ。

そんな訳で、個人的にバリ島っぽさを感じながらホテルへ戻りました。

ホテルに戻ってきました
緑の多い敷地のデカぃ楽園なヒルトンホテルです。

ココだけ見れば、バリ島のアヤナリゾートの様ですね。


チェックインとアウトだけのフロントです
チェックインとチェックアウトをするだけのフロントロビーです。

メインロビーはまた別にあります。
パトンビーチでウロウロし過ぎたのか、チェックインは予定より2時間ほど遅れました。まぁ、そうなるわな・・・w


お部屋は普通です
お部屋は高い方のオーシャンフロントにしたのですが・・・

何て言うか、いたって普通の部屋でした。
キレイなんだけど、全般的に古いです。カタログ写真では伝わらない古さやちょっとした破損、傷がお部屋内にもホテル内の至るトコにあります。
それもそのはず、ココは元々ヒルトンではなく、どうやら長年アルカディアホテルであったのをヒルトンが買い取ったみたいなんですね。
元々リッツカールトンからアヤナリゾートになったのとはまるで豪華さが違う訳です。そもそもアヤナリゾートはお高いオーシャンビューヴィラ+専属バトラー制でしたから・・・
ヴィラと普通の部屋とを比べるなんて次元の違う比較ですね・・・

けど、個人的に総合評価でヒルトンホテルは良かったと思います。
確かにアルカディアホテルから引き継いだ古さは否めませんが、程よいスタッフの距離感と利便性の良い設備、コンパクトで使い易いお部屋、静かなビーチにポツンと立地、けどカタには歩いて行け、パトンにも近い立地。
カタに泊まらない限り、カロンだとヒルトンにリピート有ですね。


ラナイがイイ感じでした
海とホテルのプールが目の前に広がるラナイはイイ感じです。

でっかいベッド型のソファーがコレまたイイですね。
お部屋に戻ったら、割とココで過ごしてました。


割と眺めのイイ部屋で良かったです
(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり) それにしても長い初日ですねぇ・・・


ベッドも普通ですがイイ感じです
アヤナに比べたら部屋の大きさは半分以下ですが・・・ 充分です!w

そんな長い1日を終え・・・
ホテルのお部屋でゆっくり・・・



泣き砂のカロンビーチを探索
は、出来ずにせっかくだから目の前のカロンビーチに行ってみた。

何でも、プーケットでも珍しく、人の少ない静かなカロンビーチは泣き砂のビーチらしいんです。
日本でも泣き砂のビーチは味わったコトがありませんから、ココが人生初の泣き砂ビーチであります。

キュウ、キュキュウ ……ε( o・ω・)

w( ̄△ ̄;)wおおうっ! コレが泣き砂ってヤツなんだ!
(後で解ったが泣き砂ではなく、鳴き砂らしい)

夕暮れでほとんど誰も居ませんし、カロンってイイですね。


ビーチ沿いの道をお散歩
そのままカロンビーチ沿いをお散歩タイム・・・

カロンビーチは何も無いってブログで見ましたが・・・
そんなコトはありません。コンビニもスーパーも近いし、コーヒーショップもレストランも歩いてスグの距離にあります。
ショッピングプラザも近いし、ビーチと逆側にはカロンの小さな町もあるし・・・

実際にココは何度となく往復しました。
ココを歩いてカタビーチに行くのも散歩がてらスグです。


ホテル近くには使い勝手の良い露天群
パトン側に歩けば、スグにあるショッピングプラザ。


いずれ味わいたい露天BBQ
いかにもな露天BBQショップも沢山あります。

今日は初日でアレだけど・・・
いずれはココも経験してやりますよ?
(後日、ココを経験して大失敗となる訳だが・・・)


で、初タイ古式マッサー
で、ショッピングプラザをウロウロして気付いたらココみたいな・・・

近くにはマッサージ店が10軒くらいはある訳です。
と言うか、プーケットってマッサージ店だらけですね。
存在する店の半数がマッサージ店と言っても言い過ぎでは・・・


とにかくプーケットはマッサージ店が多いです
こんな感じのマッサージ店がそこらじゅうにあります。


カロンビーチ近くのカルマさんでした
ネットで調べた評判の良いカロンビーチのカルマさんです。


値段はドコでも同じです
お値段はドコのビーチに行ってもドコも同じです。

オススメはやはり、タイ古式マッサージ300Bでしょうか?
結局、毎晩のようにマッサージを受けましたが、300Bで充分です。
歩き疲れて足だけに集中したい場合はフットマッサージ300Bですね。
他も体験しましたが、タイ古式かフットが良いと思います。
旅の後半では、その2つのドッチにするかでしか悩んでませんもん。
タイ古式は個室で、フットはフロアに置かれた椅子で受けます。


無事に完了です(汗
気持ち良さを感じつつ不覚にも熟睡してしまいました・・・w

旅の初日だし、ほとんど寝てませんからね・・・
それにしても、今日は1日が長いなぁ・・・
旅行に行ったらガスガスと慌しく遊ぶのは日本人だけなんでしょうか?
寝ずに遊ばないと勿体無いと思うんですよね?貧乏人だから?
日本人でもセレブだと、また違う旅になるんでしょうね・・・


バタフライビストロでお食事タイム
スデにどっぷり夜ですが・・・まだ開いてたのでコチラへw

バタフライと言うビストロです。
お値段はそんなに高くなく、メニューは何でもありました。
近くの席で食べてたハンバーガーも安い割にデカぃし、ココは立地を考えてもオススメな気がします。


いきなりデザートのバナナフリッター・・
彼女さんは、いきなりのバナナフリッター・・・

まぁ、バリ島で言うトコのピサン・ゴレンですね。
なんでも、前の旅行でピサン・ゴレンが美味くてハマったみたいです。
個人的には苦手のオンパレードで有り得ない組合せですが・・・ (汗


で、中の人も疲れてるし、でも何気に腹は減ったし・・・
日本に居た時から食べたくて食べたくて仕方なかったコチラ・・・

待望のムール貝にしました!

ちなみに日本のムール貝とは違って、コチラのムール貝は緑色の殻をしてます。英語でグリーン・マッスルと言うみたいです。
タイで美味いとされているのは、そのグリーン・マッスルをガーリックで炒めた、ガーリック・マッスルらしいです。

しかしながら、せっかくのタイだから、初日だし辛くてナンボ!と思っていた中の人は、当然の様に味付けはガーリックではなく、HOT&チリにしました。


が、チリ・マッスル出てこない!

どうも確認したら、オーダー忘れてたみたい・・・
ヾ(-д-;) ぉぃぉぃ

なので、初日からビストロで延々とビアを飲むBAR使い的な・・・
あげく、彼女さんが頼んだ正体不明な青い、結果的にアルコール度数が極端に高かったカクテルも飲み干し・・・

フラフラで睡魔と闘いながらホテルへ。ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァ


しかし、大事な大事な旅の初日ですもんね。
倒れるまで楽しむのが日本風ですよね?




待望のムール貝(グリーンマッスル)です
お店の人が忘れてたオーダーを即行で持ち帰り品にしてくれました。

そこらじゅうにホテルがあるから、お持ち帰りの人も多いんですよね。
欧米系の外国の方が特にお持ち帰りが多かったです。

まぁ、完全に酔っ払ってましたので・・・
パック詰めの中身は無事ですが、持ち帰りのビニール袋の中は激辛ソースがたっぷんたっぷん・・・
完全に酔っ払って、ビーチ沿いをデッカぃ袋持って水平に保って帰れ!なんて無理ぽw
ホント、ビニール袋に穴が開いてなくて良かったですわw

んでもって、初日はコチラをおつまみにハードリカーで乾杯ですよ。



ぶはおw 極辛っ!Σ(- -ノ)ノ


完全に酔ってるのに、酔いも一気に覚める滝汗の辛さとは・・・
あまりの極辛にめっさ眠い初日ですが、朝方まで悶絶するとは・・・

つづく。

(たぶん、気がむいた時に・・・)
関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : タイ・プーケット - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード