壁を乗り越える

エリーゼで事故ったその日。

事故直前の目の前の景色、家を出るトコから事故に至るまでの思考、道中でのリズムの悪さ、事故直前の自分の判断、「何故?何故、こんなコトになった!?」と、ぐるぐると考えてました。

なんで今日、ココに来てしまったのか・・・
そもそも今日は出発直前まで豊能町に行く気だったのに・・・
なんで目の前に見えたのにブレーキが遅れたんだ・・・


そんなコトを考えつつ・・・
ぃぁ、考えてたのは「自分のせい」じゃない。
と言うコトでしかありませんでした。

100%自分が悪いのに・・・
状況が悪かったとか、運が悪かったとか、車がローバー型のエリーゼじゃなくトヨタ型なら止まれたとか、どこかで今回の事故は本当の自分じゃないと言い訳、言い逃れしようとしてただけでした。
つまり、逃げようとしてただけ。

そんな自分が腹立たしい。
「今回の事故は、不可抗力で俺にミスはないけど仕方ないよね?」なんて出会う人みんなに説明して許して貰おうと思ってたの?一体なにを許して貰う気なの?
そんな自分自身を保身するコトしか考えてない俺は、一体なにを反省しているの?
本当に相手に悪いと思ってるの?

ホント、最悪なヤローだ・・・
もう、みんなに合わす顔がない。



22皆さん駆けつけてくれました
そう思ってるのに、みんなが心配して駆けつけてくれました。


23なんか色々と申し訳ない‥
みんな・・・ こんな最低なヤローなのにすまん・・・

みんな、予定があっただろうに・・・
気にせずドライブを楽しんでくれたら良かったのに・・・

とりあえず、主治医の元にボロボロのエリ子を預け・・・
気を遣って「今から飲みに行こう」と誘うアニキをやんわりスルーして彼女さんと2人で遅いランチに行きました。
だって、コレ以上、気を遣ってもらうのは申し訳ない。


26もう飲むしかやる事がありません‥
思えば、朝から何も食べず17時過ぎだから彼女さんもゴメンね。


27盗撮されました‥
色々な想いが頭をぐるぐる・・・


28無言で飲み続ける嫌な空気‥
無言で飲み続けるしかありません。嫌なヤケ酒です。


もう、最低10年は絶対事故ったらアカンよ・・・

うん、そうだね・・・

彼女さんと中の人の歳の差は17才。
生物学的にも、統計学的にも中の人が必ず先。
だからこそ、彼女さんには色々な体験をして貰って、嫌な仕事でも無意味な仕事でもやって辛いコトとか困難なコトを今のうちに体験して欲しいと言ってました。
生きていると色んな嫌なコトや、困難なコトや、壁にブチ当たるコトがあるから、それを乗り越えれるかどうかは今までどんだけ苦しい出来事を経験してきたかで決まる。
世の中、もっともっと辛いコトがあるから・・・

そんなコトを彼女さんに言っておきながら、なんのコトはない。
言ってる自分自身が壁にブチ当たって乗り越えずに逃げてた。


自分で自分が恥ずかしい。
起きてしまった事故の前には戻れない。

今でも、ふと考えて思い悩むコトがあるけれど・・・
1歩1歩、前に進むしかない。

関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

コメント

No title

もし私がNARUさんの立場なら、迷うことなく、親孝行します。

何回も崖っぷちに追いやられた時には、不思議と親孝行すると道が開けます。

孝行できる親がありがたいですね。

昭和のオッサンの独り言でした。

BigStoneさんへ

さすがはelise乗りのBigStoneさん、ココに辿り着きましたか・・・

崖っぷち・・・
なんだかまだまだ長い暗闇の中を彷徨っているみたいです。
もう少し自分には時間が必要ですね。

早く扉を探しあてたいもんです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード