星のブランコ@ほしだ園地

また休日がやってまいりました。
そんな訳で、今日も遅い出発ながらコチラへ。

今日は京阪の終点です
今日は京阪の終点駅から出発です。


読み方の難しい私市駅です
京阪の交野線、私市駅(機関車トーマス推し?)であります。


先ずは天の川の遊歩道から
先ずは天野川の遊歩道から、ほしだ園地を目指します。

実はこの最初の天野川に出るのがちょっと苦戦しました。
よく解らないけど、学校?の敷地内を突破してコチラに。
ややこしいですねぇ~ まぁ、無事にアクセスできたからイイけど・・・


とっても歩きやすい道です
今回のルートは登山要素がほとんどない初心者向けなんです。


キレイに澄んだ天の川です
キレイに澄んだ天野川には鯉も生息してます。

八尾市とはまるで違ってキレイで澄んだ川の水にびっくりです。


天の川伝説はココから?
七夕の天野川伝説はココから? 出発してスグにエエ雰囲気です。


川沿いに降りても良い感じです
家族連れはもれなく川辺に降り立ってました。

ココではBBQが出来る施設もあって大繁盛です。
しかし、中の人達は出発して間もないので先へと進みます。


歩きやすい道が続きます
川沿いの歩きやすい遊歩道が続きます。

若干、汗っぽいのはエエ感じとして、今日は割と楽勝ですかね?
最高到達点も180mぐらいらしいし、いつもの登山の半分か、それ以下のレベルですもん。


Σ(- -ノ)ノ エェ!?

途中でカマキリの死体とハリガネムシ
死にたてホヤホヤのカマキリと生きたハリガネムシ・・・

なんと言うキモさでしょうか・・・
この元気にグネグネ動くハリガネムシがカマキリの体内に居たってコトだよね?なんかもう、見てるだけで吐きそうです。


割とアスレチックな道が続きます
ほどよく初心者レベルの上って下ってを繰り返し・・・


上ったり下りたりを繰り返します
途中で細くなったり、遠回りも繰り返して・・・


ほしだ園地の入口です
ようやく、ほしだ園地の入口に到着しました。

さて、今日はココからが本番って訳ですね。









ウッディな道が続きます
ウッドデッキな道が延々と続きます。コレは雰囲気がイイですね。


程なくしてピトンの小屋に到着
程なくして、想像してたよりも早く休憩ポイントのピトンの小屋に。

まさか、こんなにスグに着くとは思いませんでした。
コレは今日は、マジで楽勝モードかも知れませんね。

ココで少し休んで給水してから星のブランコを目指します。


後は急勾配を進んで行きます
こっからは、いきなり急勾配が続きます。

日本最長、絶景ポイントと言うコトもあり、割と人気のコースです。
十津川の谷瀬の吊橋よりコチラの方が有名?ですから・・・


星のブランコに到着です
で、全長280mの星のブランコに到着です。


すっごい迫力の280mです
もう、トンでもないスケールです。行った者にしか解らない感じです。


ハンパない高さと怖さです
もうハンパない高さと絶景と揺れと怖さと・・・

何て言うか、板の隙間から見える足元の景色が怖かった・・・
よく、こんな吊橋を作ったものだと感心しました。
日本人の職人のパワーってスゴイゎ・・・


展望台に行くと星のブランコが見えます
命からがら吊橋を渡りきって展望台から眺める景色。

想像では、日本一の吊橋からの素晴らしい景色と展望に愛でも語ろうかと思っていたのですが、とてもじゃないけど怖くてそんなコトは不可能でした。
星のブランコは渡りきるまで生きた心地がしませんよ・・・

で、星のブランコも無事に通過し、やまびこ広場でゆっくりランチでもと思っていたのですが・・・
展望台に行く途中で、スズメバチが3匹ほど木に張り付いてるし・・・
(やまびこ広場→展望台→やまびこ広場とハチポイント往復要)
おまけに通り過ぎる際にめっさホバリングでロックオンされてるし・・・

ちょいちょい危ないハチがたっぷり居ます
かろうじてやまびこ広場で落ち着くも、今度は別のハチが目の前!

なんか、至るトコに巣を造りかけていて、何て言うかハチだらけっ!
当然ですが、サクっと荷物を纏めて下山しました。
こんなトコで、ゆっくりランチとか普通に無理だもん・・・

多分だけど、そのうち死人が出るんじゃないかと思います。(要注意)


八つ橋がありました
ちょっと下ると、雰囲気のエエ八つ橋がありました。

もう、ランチポイントはココしかないので、ココでランチにしました。
お時間の方はスデに15時過ぎとなっていますけどねw

ココでランチとしますが‥
自宅を出発時に買ったお弁当ですもん、やっぱグチャグチャですよね。


そりゃ、ぐちゃぐちゃですよ
全てのおかずがおもいっきり寄ってます。

だって、リュックの中へは縦にしか入らなかったんだもん・・・
登山の時は、平べったいお弁当の持参は無理ですね。(笑

ハチの羽音に全神経を注ぎながら、落ち着かないランチをしました。
早く大雪で虫の居ない季節になって欲しいもんです。


今回のコースはどんぐりだらけです
秋なので周りはどんぐりだらけですが・・・

ウーン (Θ_Θ;)
それはベレー帽じゃない・・・


まぁ、無事にランチを終えたので良しとしましょう。
ちなみに今日はずっと園地ゾーンなので簡易コンロは持参せずです。
山は基本的に火を使っちゃダメですからね。


下りまくって次に向かいます
どんどん下って行って、次のポイントを目指します。

それにしても、今回はマジで歩きやすいコースとなっております。
初心者は山歩きよりも、こう言ったハイキングコースがイイですね。



磐船神社です
下界に下りきって、次のポイントの磐船神社に到着しました。



無断拝観は禁止です
ココは岩窟があって、雰囲気的に無断で拝観できそうですが・・・

ぶっちゃけ、無断で拝観はヤメた方がイイです。
あと、普通の観光気分で行くとドエライ目に会います。
大人1名500円の拝観料ですが、きちんと払って注意事項を聞いて誓約書にサインをしてから拝観するようにしましょう。


受付するとこの衣装を渡されます
きちんと受付をすると、この衣装を渡されます。

コレで貴方も立派な修行僧です。
で、ココからは服が汚れるのは当たり前、矢印を見失ってコースをロストするとトンでもないコトに・・・


始まってスグにアドベンチャー
岩窟巡りに突入してスグに始まるアドベンチャー・・・

なんて言うか、今まで経験した岩窟や洞窟とはまるで違います。
まったく、観光者向けではありません。
説明を受けた通り、コレは間違いなく修行です。荒行です。

貴重品や荷物を持って突入なんて無理です。
岩と岩の間に足先から滑り込んで落ちて行くゾーンもありました。
ココを巡回すると、例外なく服も汚れます。そんな狭いゾーンを滑り落ちて行くポイントも随所にありますし、なんて言ってもかなり暗くて前が見えない箇所もありますから・・・
背中で岩を滑って行くとか、もう死ぬかと思いました。


真っ暗で岩の穴を進んで行きます
真っ暗で、あんな狭い隙間を通って行けと・・・

コレはもう、間違いなくラスベガスより本格的です。
コレはもう、普通の洞窟ツアーなんてノリではないです。


マジでコレは修行です
割と汗ダクで細心の注意を払って細い穴の中を進む・・・

ちなみにデッカぃ岩が崩れ落ちるコトもあるみたいですが、それは自己責任ってコトになっております。


服も汚れるし、相当の覚悟が要りますね
こんな細くて暗い中を進むコト数分・・・


ほとんど遭難レベルです
もう、アメリカよりよっぽどスケールの大きな冒険です。


そんなこんなで出口を通過しました
そんなこんなで、無事に出口を通過。



鳥居も落石で潰れてます
出口の鳥居を右って聞いてましたが・・・ 落石で鳥居も破損・・・


そこらじゅう巨岩だらけ
出口を出ても、ずっと巨岩ゾーンが続きます。

マジでコレは、日本とは思えないアドベンチャーです。


カエルを預けておいてよかったなぁ‥
荷物と一緒にチビちゃん(カエル)を預けといて良かったなぁ・・・


おしゃれなおみくじです
彼女さんは、ゴールしてからおみくじもしてました。大吉で良かったね。

おみくじ+可愛い袋+石付きです。
青い石は仕事運に効くらしい。

磐船神社は星のブランコよりメインで考えてもイイほどのオススメなハイキングコースポイントだと思います。


ゴルフ場を突っ切って行きます
あとは、きさいちゴルフ場を突っ切ってくろんど園地経由で帰るだけ。


で、くろんど園地の休憩所に到着
くろんど園地の休憩場に着きました。

スデに営業時間も終わって誰も居ませんが・・・
ちなみに、きさいちゴルフ場を突っ切る時は、クラブハウスでは裏を通る様にしましょう。
表側を通ると、かなり白い眼で見られるコトになります。
(クラブハウスの裏側がハイカー様の通路になっております)


くろんどは大自然です
それにしても、くろんど園地はかなりの大自然コースです。

ほしだ園地は、星のブランコがあるからか、かなりの大人数で賑わっていましたが、くろんど園地は純粋な登山ルートでして、誰とも遭遇しなかったし、スレ違うコトもありませんでした。
ひたすら、急な坂を下って行くだけです。
コレが逆コースでくろんど園地からほしだ園地へと向かうコースであったなら、かなりのしんどさがあったと思います。


けもの道もありーの
突然、けもの道なコースが始まったかと思えば・・・

あとはずっと岩だらけの川沿いの凸凹コースでした。


急勾配で岩だらけ
川沿いで大自然すぎて、日本と言うコトを忘れてしまいそうでした。

で、川沿いを下りきって、あとは私市駅まで7分少々・・・


下りきったトコの民家にはおもいっきりのハチの巣
最初の民家の軒先に直径60cm以上のアホみたいな巣・・・

確かに、「この先、スズメバチに注意」とは書かれてたけどさ・・・


注意も何も、このレベルは駆除してくれた方がエエんじゃ・・・
もし、仮にくろんど園地に突入する方や、ほしだ園地からくろんど園地へと経由して降りてくる方は、最初に現れる民家の軒下にかなり注意して下さい。

と言うか、このコースは登山的には楽ですが・・・
ハチに襲われる的にはかなりの危険性があります。

どうか、お気を付け下さいませ。





関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : 登山 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

おぉ、すぐ近所にいらしたんですね!
せっかくこちらまでいらしたのなら、交野山の山頂はオススメでした。
山頂には何故か岩船神社にあるような大きな岩があり、そして360°見渡せる絶景スポットです。

余談ですが、僕はいつもその川沿いのR168を通って月ヶ瀬に向かってます。
ここ数年前から、この時期は駐車場待ち渋滞ができる程の人気スポットでして・・・、地元民的にはちょっと・・・・。

緑のMR-Sさんへ

交野山の巨岩からの景色は最高にイイみたいですね。
ネットにてスデに検索済です。

んでもって、ほしだ園地に向かう川沿いの道は攻めるにも眺め的にもエエ道ですよね。次はエリーゼで来てみたいなぁ~って思いましたもん。

星のブランコは・・・
以前は知る人ぞ知る秘境でしたが、雑誌やTVで絶景スポットとして情報が回りすぎましたね。
マピュピチュ竹田城と星のブランコは数年前はもっとマイナーだったのに人気が出過ぎてアクセスするには人が多過ぎて残念ですよねぇ・・・


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード