ひらぱーに行ってみた(登山ではなく)

さて、日曜が雨予報となった土曜ですが・・・
なんだか、今日も午前中は雨の危険性が・・・

そんな訳で、いつものように登山してて雨になったら危険ですし、折角だから彼女さんが前々から行ってみたかったと言うひらぱーに行ってみました。
遊園地ってめっさ混んでるイメージなんだけど、今日の天気からして空いてる気がしたし、来週くらいからはひらぱーで光の庭園なる夜イルミネーションイベントが開催されますが、今だと中途半端な日付でイベントはありません。
そんな今日こそ混雑を避けたチャンスのハズ!

今日も登山?
なので、今日はリュックではなく、手提げカバンにチビちゃんだけ・・・w


そんな訳で枚方公園駅に
そんな訳で、京阪の枚方公園駅にて下車。

駅の裏側には旧家屋が残る歴史街道となっておりまして・・・
どうせなら、古民家の残る歴史街道を道上洋三的に歩きたかった。
スデに13時なので、遊園地を無視して歴史街道できないのが残念。

ちなみに、駅の裏側の方が駅前広場がエエ感じになっておりまして、現地の方々がランチしたり、憩いの場となっておりました。
んでもって、目の前にあるローソンが神でした。
ローソンであって、普通のローソンではない陳列とPOPは自分の仕事でも活かせそうなアイデア満載です。
小売店や物販の方はこのローソンを現調するだけでヘタな研修を受けるよりよっぽどイイと思います。
駅の表側にあるファミマに負けず、ひらぱーの導線にもなっていないのですが、自分的にはコチラのコンビニで買い物する方がワクワクして楽しかった。完全にフランチャイズの枠を超えてますね。


そんな訳でいきなり朝食?タイム
なので、つい駅前で現地民に混じって遅い朝食っと・・・

で、いよいよドス曇りの中、ひらぱーに向かって歩いて行く訳だが・・・
何て言うか、思ったより枚方公園駅も小さいし、歩いている人も少ないし、閑散とした街並みで独特な雰囲気だなぁ・・・







( ̄ェ ̄;) エッ?

そして歩いてスグのひらぱーに
ひらぱーってTVCMとかでめっさ混んでるイメージだったんだが・・・

なんか新今宮にあったフェスティバルゲートの最後期のような・・・
なんか寂れてて、USJとはまるで違う雰囲気なんですが・・・


寂れた感がスゴイ‥
ウーン (Θ_Θ;) 大丈夫かいな・・・ ココ・・・ っとそんな感じです。


それでは張り切って出発です
フリーパス3000円と入園料1400円を支払い、張り切ってGO!

ちなみに、お会計をピタパカードにすると入園料が20%割になります。


割とエエ感じの風景です
入ってスグにエエ感じじゃないですか!ガラガラだけど・・・w


フリーパスで早速乗ってみた
フリーパスなので、スグに入口近くのコチラに乗ってみた。

で、着いて早々にビショ濡れになる・・・
降りてくる人を見てたら、全然濡れてなかったので安心してたら・・・
どうやら運が悪いと相当に濡れるらしい。
まぁ、エリーゼで濡れるコトには慣れっこなんだけどさぁ・・・


そしてビショビショでカワウソ観賞
そして、ビショビショのままコツメカワウソを観賞。

水系の濡れるかも知れないアトラクションは最初に乗るもんではないですね。秋冬は乗らないって手もあります。


その後、ビショビショで木製コースター
そして、ビショ濡れのまま木製コースターに搭乗。

全身濡れており、木製コースターのトロッコ感。
ギシギシといなして曲がって行くオン・ザ・レールの感覚はまるでエリーゼに乗っている感覚そのものでした。
あぁ、寒いったらありゃしない・・・


おま、飴を貰えます
おまライドの一環なので、乗車後は「おま、飴」を貰えます。

寒さと久し振りのコーナーを攻める感覚に足も全身も震えて画像もブレてしまいます。
そして、この後、マイナス40度の世界を体験して更に・・・


エエ感じのシトロエンバス
園内のエエ感じのシトロエンが絵になりますね。

フォルクスワーゲンのT1サンババス?も居てました。T2かな?


入口の池が海外を思わせます
入口スグの池と火山が海外を思わせてエエ感じです。

残念なのは、思ったよりひらぱー自体が小さいコト。
もっとデカぃかと思ったら、割とこじんまりしているんですね。
フリーパスで絶叫系は割とスグに1周できます。
しかし、このこじんまり感でコレだけ空いているなら、ヘタにUSJに行くより超穴場でオススメです。
休日の土曜日でこんだけ待ち時間無しでガンガン乗れるんだもん。


2回目の木製コースター
子供しか乗れない乗り物を除いて制覇しつつ、2周目の木製です。

最終的にはジェットコースターや絶叫系は全種3回乗りました。


天空のチャリで園内を観察
あまりに絶叫系続きで疲れたので天空のチャリでしばし休憩。

上から見ると、更に空いてる感がありますね。


新手の急流すべり
最初の失敗を活かして、後半戦で水系を攻めていきます。


そしておとなしめの水系
そして、お次はおとなしめの水系。(小さい子供持ち家族向け)


ゆっくりなので余裕です
ゆっくりとバラ園の周りをドンブラコするだけなので余裕です。


色々と撮影してまして
色々と撮影して・・・


何気に手放し状態で撮影してます
手放しでも撮れる余裕のまったり感です。


気付いたらゴールでスタッフ的には変な人と思ったんだろうなぁ・・・


で、そろそろ閉店1時間前
で、そろそろ夜の帳が降りてくる閉店1時間前。


今度は園内機関車に
今度は園内を走る機関車に乗車。(コレも小さい子持ち家族向け)

ホンマにこんなん乗るの?
この歳で、子供も居ないのにコレを?
しかも、他に乗る人が誰も・・・

出発前にかろうじて1組の家族が来たから良かったものの・・・


で、乗ってみて解ったんだが、実はこの機関車の存在?
この機関車を操縦する女性パイロットは園内で一番偉い人?

機関車が通る度に、近くのアトラクションのスタッフが全員で手を振ってくれます。そう言う設定なのか!?
わずか2組しか乗ってないのに・・・

と言うよりも・・・
この機関車を操縦する女性パイロットが・・・
完全に萌え系アニメ声でした。
萌え萌えのアニメ声全開で機関車を走らせつつ、元気に張りのある強烈な萌え声で施設の解説をしていきます。
アニメファンはコレに乗るだけでも価値があるんじゃないでしょうか?


イギリス直輸入のメリゴです
イギリス製のメリーゴーランド。全員が手を振っててちょい恥ずかしい。


バラ園の中を突っ切って行きます
バラ園の中を突っ切って行きます。

走っている姿を外から見ると、ゆっくりでとてもじゃないけど乗れない!
なんて思ってましたが、いざ乗ってみると割と速いし、萌えアニメ声解説に照れるやら恥ずかしいやらであっと言う間の時間でした。


来週あたりから始まるイルミネーションイベントの試験点灯?も始まり、園内は一気にクリスマスモードに色付いていきます。

閉店30分前、そろそろエエ雰囲気に
大観覧車もエエ感じで、乗るなら今のタイミングですよね?

まぁ、乗らずに更に絶叫系を1周し・・・
閉店間際で子供向けのカードバトルや3Dシューティングとか時間帯や夜景にまるで関係ないトコを走り回っていましたが・・・

園内は狭いものの、割とアッチ行ったり、コッチ行ったり、高低差や坂も多い中、ぐるぐるっと何周もしていたので・・・
何て言うか、全力で遊んでライト登山程度に疲れました。
約5~6時間、ずっと動きっ放しです。

コレだけ遊べて内容も充実してるし、何と言っても休日でも言うほど混まない、子供向けな乗り物も大量にあるって点では、価格面も含めて超オススメです。穴場です。
園内の売店ではホットコーヒー150円とかソフトクリーム250円とか、遊園地とは思えない安さにもビックリしました。
ヘタしたら、道の駅の方が売店価格は高いですよ。


もう、夜中までヘトヘトになるまで遊べました。
思えば、今日は最初のコンビニ飯のみで夜となったので・・・

で、帰りは普通にスーパーでお買い物
ぃぁ、それ何kgあるん・・・ そんな70cmはあるパンは買わんて・・・

ダイエット中でもあるので、おとなしめな夕御飯で締め括りました。

関西住民でひらぱー未経験者は是非行って欲しいですね。
ワクワクドキドキ感ではUSJには勝てないかも知れませんが・・・
充実感とコスパでは圧倒的にひらぱーですよ。



関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ちょっと、お出かけ - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード