エリーゼ考@フロントガラス

はい、と言う訳で懲りもせずエリーゼ考の時間です。
今日のテーマはエリーゼにおけるフロントガラスのヒビについてです。
いつも通り、素人なので適当論です。

コチラが今回、不運にもガッツリと付いてしまったヒビです。

ガッツリ付いた本気のヒビ割れ
うっわぁ・・・ マジで・・・

(-ω-;) この前換えたばっかりの新品なのに・・・
確か、フロントガラスのヒビは車検に通らないハズ・・・
そりゃ、プチっとした小キズなら問題ないだろうけど・・・

今までの人生の中で割と本気のデカぃキズ・・・
と言うか、キズとかヒビとかじゃなく、割れじゃないか・・・


そんなコトを考えながら、テンション下がりまくりです。
もう、走るなんて考えられない状況です。
中の人の右足はアクセルペダルから離れました。
もう、今すぐにでも無かったコトにしたい。

そう考えていたのもあるし、コレでガラス交換となると、一体どんだけの費用が掛かるのか・・・
もう、それしか考えられない状況になりました。

確か、フロントガラスは窓枠のフレームと一体になったASSY部品だから、お値段は18万ぐらいだったかな?
ぃぁ、23万ぐらいだったか?
で、フロントガラスだけを単発で直すコトになるから・・・
その為にフロントカウルは取り外す必要がある訳で・・・
フロントカウルの着脱工賃は5~6万ぐらい掛かるのか?
ぁ・・・ そう言えば、フロントガラス部品代だけでなく、ガラス取り付け工賃ってのも要るな・・・
フロントガラス取り替え工賃っていくらだ?2~3万でイイのか?
んでもって、消費税8%も掛かってくるから・・・

激安価格で25万ぐらいか・・・
でも、色々と足し合わせていくと・・・ 35万とか逝くかもな・・・

あぁ、もう死にたい・・・ (;-_-) =3 フゥ

と、一瞬のうちにそんな風に皮算用してました。
まぁ、一瞬のうちに考えたと言っても、明らか過ぎるほど急激にテンションもスピードも落ちたみたいで・・・
後ろから付いて来てた2台は、何があったのかと思っていたらしい。
ぃぁ、逆に中の人の方が何があったのか聞きたいぐらいだ・・・


しかし、ショックはショックだけど・・・
ショックながらも、持ち前の屈強な精神で冷静さを取り戻し、野々村議員のように号泣しながらドライブを続けた。

その時は、こう考えていた。

なに、結構ハデに割れたけどさぁ・・・
オートバックスとかでリペアキットか何かあるらしいし・・・
それを使ったら、まぁ、直るだろう・・・
3000円ぐらいかな?ひょっとしたら5000円位かも知れない。
5000円でも痛いなぁ・・・



さて、今からどうしよっかな・・・
どうせ遅れて前走車も見えない状況だし・・・
戦線離脱して自宅にでも帰るかな・・・
けど、後ろも付いて来てるし、皆は明日香村に向かっただろうし・・・
とりあえず、車内の話題はさっきから苺の話題だし・・・
明日香村であすかルビーだけでも買って帰るか・・・

と、月ヶ瀬界隈から明日香村へと向かった訳だが・・・
どう考えても、今から明日香村に向かうには遅すぎだ。
到着した時点で真っ暗の一歩手前じゃないか?
でも、それでも皆も向かっているだろうしなぁ・・・

まぁ、遅くなったトコで、合流出来なかったとしてもエエか・・・

と、そんなコトを考えながらも最短と思われるルートで小倉ICから針ICへと向かい、そこからひたすらに下道を南下する。
一応は到着時刻を彼女さんに調べて貰うも、1時間弱あれば何とか到着するみたいだ。

取り敢えずは、面白くはないけど迂回する山奥快適ロードは捨てて、最も素直なルートで行くしかないな・・・

っと、コレが後で色々と調べて勉強すると良くなかった・・・
まさに、死亡フラグが立っているコトに気付いていなかった。






今回、出来てしまったフロントガラスのヒビは・・・

コレは実は意外に激危険
ちょっとド派手だけど、ヒビとしてはよく見るパターンだ。


このヒビが出来てしまった時、彼女さんも中の人もこう考えていた。

(;-_-) =3 フゥ まぁ、まだ端っこ部分で良かったョ・・・

取り敢えずは、ワイパーに掛からなそうだし・・・
端っこだから、まだ目立たないか・・・
最悪のケースではガラス交換で25万~35万ぐらいは掛かるだろうけど、自分補修で直したら5000円ぐらいだと思うし・・・
一瞬で5000円ってのもキツぃけど、まぁ仕方ないな・・・
この位置だったら、車検には通るかも知れないし・・・
取り敢えず、今日は自宅に帰ったらゴミが入らないようにだけ、フィルムでも貼っておくか・・・
最悪、フィルムを貼ったままでもワイパーに掛からない場所だろうし、しばらくはそのままで何年かは乗っても見た目にこだわらなければイイか・・・

そんなコトを考えながら、ダダ下がりのテンションではあるけど、それなりのスピードで何十kmも遠くの明日香村を普通に目指してしまった。
距離的には解らないが、走行時間にして1時間弱。
車種がエリーゼだし、途中の道に凸凹もそりゃあったりするので、エリーゼ特有の振動やガタガタとトロッコ車のように走った訳である。
んでもって、明日香村でソロになり、グルグルとドライブし・・・
どうせ、ココまで来たんだからと帰り道は迂回するルートの山道を充分に堪能しつつ、大阪にはいつも通り夜中に帰還した。
苺を買ってから自宅に到着するまで、ゆうに3時間は走っている。


よし、取り敢えずは忘れてしまわないようにフィルムを貼ろう。

フィルムを貼ったのは帰って来てからの深夜‥
フィルムを貼ったのは真夜中。しかも本日は春二番で暴風である。

暴風で冷たい空気の中、フィルム貼りには少々手こずった。
実際のトコ、いつ修理するかも解らないから、無機質な形だと面白くもないから、それとなくネタになりそうな形に切り出して貼ってみた。


で、一応はフロントガラスの自己補修から、ガラス屋さんでの補修とか色々と調べて見ると・・・
今さらながら、トンでもない勘違いと認識であったと気付く。


先ず、フロントガラスのヒビは放置していると、そのうちヒビが広がって次第に大きくなっていくコト。
中の人は、そんなコト、まるで思ってもみなかった。
今出来たヒビの状態がずっと続くもんだと思っていた。
よく、業者のトラックなんかでフロントガラスがヒビだらけで放置しているのも見ていたが、それはそのヒビが最初の時点で付いた形だと思っていた。


そして、ヒビと言うのは何故、進行して大きくなるか?
原因はガラスに掛かる応力。車がコーナーを走る際のねじれ、振動、ヒビへのゴミや水の浸入などによるものである。
と言うコトは、ヒビが発生した時点でホントなら即対応すべきである。
スグにゴミが入らないように、ビニールテープでキズ部分を保護して微細なゴミの浸入を防ぐべきである。
(ゴミや水の浸入を防ぐにはセロテープではダメらしい)
後で家に帰ってから何か貼っとけばイイか・・・ではダメなのである。

と言うよりも・・・ ガラスの歪み、ねじれはコーナーを走る際に?
普通に考えれば、そりゃ当たり前のコトだ・・・
間違ってもコーナーを攻・・・ ぃぁ、走ってはいけない。
結構、タイトなコーナーをグルグルっと走っていたなぁ・・・ (爆
と言うより、エリーゼって車自体が普通の道を走っていてもかなりの振動で、オーディオやレーダー、ナビなどの電子機器が軒並み振動により破損してしまう訳なんだが・・・
そんな状態で合計4時間以上も走っていたって訳ね。


で、最も衝撃的だったのは・・・
ガラスに出来たヒビは端っこ部分が最も危険であると言うコト。
むしろ、フロントガラスの中央に出来た方が安全なのである。

意味が解らないが、フロントガラスで一番歪みやねじれによる応力が掛かりやすいトコは中央部ではなく、端っこなのである。
つまり、フロントガラスのグルっと外周が最も危険ゾーンだそうだ。
場所的には、端っこと言うより端から中央に向かって10cm幅くらいのぐるっと1周が危険ゾーンなのである。
この部分に出来たキズやヒビは、直径2cm以下で一見直せそうな状態であっても、プロでもリペアを断ったりするらしい。
また、1度キレイにリペアしてもヒビが再発する可能性があるリスクの高い超危険ゾーンな訳である。

エリーゼで言えば、こういった場所になる。

危険ゾーンはコチラ
このように色付けした場所であり、今回のキズ場所そのものである。


と、この時点で、リペアについてはプロでも現時点でかなり厳しいケースであるコトが解った。

最初は自分でヤル気まんまんだったのだが・・・
ブログなどを見ていると、ほとんど失敗しているみたいである。
ごく稀に無事成功した例もあるが、それはキズの付いた箇所とキズの形、下処理、作業場所と全てが好転した結果であろう。

中の人の例では、キズの付いた場所は極悪、キズの形は複雑なコンビネーションのため下処理に自信が持てない、作業場所は布目ダム一択と言う状態である。
紫外線で硬化させるUVレジンは、屋根もない屋外で遠方の布目ダムではかなり厳しい。
と言うか、一度、炎天下の中でUVレジンのパテ硬化で塗装下地を失敗した経験が実はあるのだ。
塗装の場合は気合を入れれば何度失敗してもやり直せるが、ガラスの場合はそうはいかない。
ほとんど一発勝負でリスクが高すぎる。

と言うより何より、何十kmも離れた山奥に、ガラスにヒビが入ったままのエリーゼで連続するコーナー、ガタゴトとゼブラ塗装の路面を走って行くコト自体がナンセンスなのである。

調べれば調べるほど、もう1歩も走れない状態なのである。
ヒビが入ったまま、山道を何時間もしきりに走っていたのはガラス業界では信じられない奇行と言える。


おまけに、車のガラスと言うのは基本的に2枚の合せガラスであり、室内の気温と外の気温との差で、さながらサーモスタットの様にそれぞれのガラスが伸縮しようとする際にも応力が掛かってしまう。
つまり、朝晩の気温差が大きく、外気温と室内気温に差が生じてしまう状況なだけで、何もしなくとも振動がなくともガラスのヒビはそれだけで大きく成長してしまう可能性があるらしい。
しかも気温差が大きくガラスのヒビに最も悪い時期は季節の変わり目。つまり時期で言えば3月、10月頃である。
そして当然に2月も要注意時期であり、ココ最近の急に寒くなったり、暑くなったりはガラスのヒビには最悪の条件と言える。

幸いにも、エリ子を駐車しているのは、日光がまるで当たらない立駐の地下である。そして、元々うちのエリ子は隙間だらけ、車体の下半分全てがアルミむき出しで車外と車内を繋いでいる。
このため気温差はほとんどなく、熱伝導率抜群のアルミが外の温度をそのまま室内に伝えてくれる。
だからこそ、真夏の車内は灼熱になるし、真冬の車内はいつまで経っても極寒のままで死にそうなのだが・・・
つまり、走行せず風がない、エンジンが熱くない状態では、経験上、車内も車外もほとんど同じ温度のハズである。

しかしながら、この事実が解った深夜、スデにヒビ発生から2日経っていたが、念には念を入れて運転席と助手席の窓をそっと開けておいた。
車内車外の温度差によるガラス面の内外での膨張率、歪みの影響をコレで少しでも緩和できれば・・・
とワラにもすがる思いである。
幸いにも、この時点でヒビは少しも育っていないように見えた。


で、スデにヒビ発生から3日を経過している訳だが・・・
その間、常に最善の選択、解決策を考えまくりである。

大袈裟に考え過ぎかも知れないが、スデに自己補修の道は無い。
フロントガラスのヒビはある日突然、ピシっ!と言う音と共に急成長してしまうのである。ヒビの場所的にも今の直径2cmほどの亀裂が4cm先のモール部まで伸びれば、その時点で新品ガラス交換確定の状況である。
出来る限り、エリーゼは動かしたくない。
プロに頼むにしても、技術と腕が問題である。
もちろん、主治医に任せておけば何とかしてくれるとは思うが・・・

如何せん、問題はそこまでの距離である。
現状では、ギリギリ修復可能な状態でも、車を持って行く際にピシっとヒビが成長した時点で終りなのである。

関西の近場で言えば、江坂に日本一の腕だと豪語しているリペア屋があるらしい。
業界最長経験で28年の実績、自分が修理できないキズは日本では誰も修理できないと。
なぜ車サイズによってリペアの価格が違うのかが謎だけど・・・
リペア作業は軽四でも小型車でも同じだと思うんだけど?
謳い文句的には良さそうなんだけど、江坂は遠いしなぁ・・・

もうちょっと探すと、何気に自宅からスグのトコにリペア屋が・・・
しかも27年の実績みたいで、江坂の28年と1年しか変わらない。
しかも、偶然にも今、ネット割引キャンペーン価格?で半額らしい。


(-ω-;)ウーン 最悪の結果は覚悟しておくとして・・・

今は、ガラスの勉強とヒビの保全に尽くすしかない日々。
と言う訳で、良い結果になるか、悪い結果になるか、綱渡りのエリーゼ生活はまだまだ続きます。



関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク

コメント

僕も

かなり落ち込んでみえて…大丈夫ですか??
ネットだと色々不安をあおること山ほど出てきますが、実はnaruさんと同じような傷で先日リペアしてもらった時にガラス屋さんに聞いたのですが、フィルムで保護してあって窓ガラスに熱風や熱湯をかけなければよほど広がることはないらしいです。

僕の場合は雨の日に食らってしかも100キロ以上走り、寒暖の激しい日を過ごしてましたが大丈夫だったので…
多分ネットに広告大々的に出すとこなら大丈夫だと思います

No title

そうか!今の状態で乗車したらヒビが広がって交換確実になるから大変じゃないですか!
近くでリペアが成功してほしいですね。
カルマンギア1970年式ならフロントガラス32000円でシールが12000円なんですがね。
やっぱりエリーゼは高級車だから部品代も凄いですね!

ライさんへ

御心配ありがとうございます。
落ち込んでいると言うか、覚悟は決めたって感じですかね・・・

ネットでは業者さんはリスク回避の為に最悪の事態をベースに書かれているんだと思いますが・・・
有り得ないコトではなく、状況によっては充分有り得るコトとして捉えています。

心配するよりも、想定してたよりも結果的に軽く簡単に直るのがベストですよね。そうなるコトに期待しております。

ビーカブさんへ

よく解んないですけど、放置して乗り続けるコトでの振動や応力によるガラス割れは、このレベルのキズでは確実に起こるようですよ。

カルマンギアなら、オープンモデルもあるし、何となく生まれ年の物を乗っているコダワリも出せますし、フォルムもカッコイイし、有だと思うんですよね~
まぁ、カルマンギアの方が維持費が高いのかも知れませんが・・・

エリーゼは高級車ではなく、最も安いスポーツカーなんですが・・・
元々の出来が悪いのか、色んなトコの修理必須が当たり前になってます。その修理代が何故だか高額で、高頻度なんですよね・・・

No title

フロントガラス、綺麗に直ってよかったですネ。リペアショップのHPに今日エリーゼの修理写真が載っていました。超偶然にも私のケイマン、10日前にこのショップで飛び石傷を直してもらったところです。緻密で丁寧な作業、久しぶりに本物の職人さんに出会いました。

メテオさんへ

ぁ・・・ もうHPに乗ってました?

何て言うか、コチラのSHOPさん、かなりのコダワリを持ったオーナーさんみたいですね。
無事に直って先ずは一安心です。

で・・・ その次の課題となる訳ですが・・・ (怖

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード