タナロット寺院@バリ島

いよいよバリ島の写真も残りわずかとなりました。
そろそろ昨年のバリ島日記も終りとなりそうです。

そんな訳で、今日もバリ島写真の整理&備忘録です。


一面の麦畑?を進みます
最後?の宿泊日となる6日目は遠くのタナロット寺院まで・・・

このエリアはジンバラン・エリアから遠いのでチャータータクシーでの移動も大変な距離です。
しかし、バリ島での寺院探索としては外せないエリアであります。

午前中は最後?のヴィラステイを心に焼き付けるかのようにボーっとお部屋で過ごしました。
んでもって、昼過ぎから満を持してタナロットへ出発です。

何て言うか、車から見える一面の麦畑のような田園のような・・・
しばし、ウットリと見入ってしまいました。
(お隣さんはグッスリ眠ってるけど・・・)


で、市街地に入り‥
で、畑ゾーンも終り、市街地に入っていよいよ目的地は近い!?


タナロット寺院のキップです
そんな訳で、タナロット寺院に到着しました。

入場料は3万ルピアなので、日本円にして約270円ぐらいかな?


コチラのメイン入口を通って‥
コチラの割門がタナロット寺院への入口となります。

そんな訳で、張り切って行ってみます。







( ̄ェ ̄;) ウホッ?


例によってディープなお土産ゾーンです
相変わらずの道の左右にお土産安いよ安いよディープゾーンです。

中の人は、この如何にもなゾーンが苦手なんですよね・・・


しかし、コチラのタナロット寺院では、クタ等の無理やりなお土産ゾーンとは違って客引きもマイルドでしつこくありません。
ちょっと安心してチラ見しつつ進んで行けます。


がタナロットの通りは割と淡白です
(-ω-;)ウーン 道幅も広いからか・・・ なんだか爽やかに歩けます。


コチラの割門から皆さん海辺へ
コチラの海への割門をくぐるといよいよタナロット寺院です。


いよいよタナロット寺院です
いよいよメインな感じで観光客も増えてきました。

夕暮れのタナロット寺院の景色がまた美しいんですよね。
断崖絶壁ケチャダンスのウルワツ寺院と並んでバリ島で最も美しい寺院の1つではないでしょうか?


このように海辺にある寺院です
こんな風にタナロット寺院は浅瀬の中にポツーンとあるんですよね。


皆さん、記念撮影に必死です
皆さん、思い思いに記念撮影をしておりました。

今まで訪れた寺院の中では屈指の人の多さです。


ベストポジションで撮影?
中の人もベストポジションで撮影してみました。


が、興味は浅瀬の岩場に‥
が、ココでしばし脱線・・・

タナロット寺院は浅瀬の中にありますので・・・
ポッカリ出来た深い潮溜まりがたまにある訳です。

何か謎の生物は居ないかなぁ~っと・・・w


陽射しが強いですね
あと数時間で夕方になりそうなんですが、相変わらず陽射しが強い。

もうイイでしょ・・・
ってぐらい、潮溜まりを観察して・・・

いよいよ、タナロット寺院の本丸へと向かいます。


メイン寺院に近付いてきました
いよいよ近付いてきましたねぇ~


ものすごい岩場の波打ち際にあります
こんな海岸沿いにお寺があるなんてステキですね。


火サスのようです
かなりの波の強さで日本人的には火サスのようですが・・・


記念撮影をしようにも微妙ですw
記念撮影をしようとするも、波と風が強くてそれどころじゃないw


浅瀬にウニを見つけまして‥
色々と撮影ベストポジションを探しているとウニを発見しました。


割とウニに夢中‥
気が付いたら、ウニの生態観察をずっとしてました・・・ (汗


コチラは波の浸食によって出来た奇跡の岩場
コチラは岸壁に波の浸食で出来たちょっと怖い洞窟?です。

目安の為に人間サイズを入れてみましたが、奥の方までスッポリと歩いて入っていけます。
急激に潮が満ちてきたら即死ですね。


そんなこんなで、メインとは掛け離れた観光になってしまいました・・・

相変わらず大人気の観光スポットです
だって、タナロット寺院周りは人が多いんですよねぇ~

ちなみに、異教徒となる日本人は奥には入れませんし、登るコトも御法度です。遠巻きに見るだけの観光になります。


潮が満ちたらココには来れないですね
来た時間がたまたま引き潮の時間帯でしたが・・・

もしも、満ち潮の時に来たら、この辺りはどっぷり海の中なのでこの辺りを散歩なんてコトも出来ない訳です。


見ようによってはタダの海なのに大人気です
和歌山の三段壁と言うか、千畳敷みたいなもんでしょうか?

日本でもインドネシアでもこう言った景勝地は人気なんですね。


インドネシアと言えばやっぱ割門ですね
確かに絶景だけど、中の人的には海辺の割門の方がステキでした。

で、帰りはお土産購入も含めてディープゾーンを色々探索です。
んでもって、何度目かのバリ島旅行でなんとなく解ってしまいました。
今まではヌサドゥア近くの現地スーパーが最安値だと思ってたけど・・・
実際には、おそらくタナロット寺院のお土産屋の方が圧倒的に安い。
つまり、色々と行った経験から、街一番の繁華街クタから離れれば離れるほどお土産物も安くなるってコトです。

(-ω-;)ウーン まぁ、当たり前の話か・・・

まぁ、日本でも地方や寂れた商店街の方が安くなりますもんね。
タナロット寺院に観光する予定があって、お土産は別の日に買おうとしている人はヤメた方がイイです。
クタやスーパーでは、あくまでも冷やかし程度で物価やボッタ価格度合を研究して・・・
タナロット寺院に行った時にゴッソリ1日でお土産を買ってしまうのがオススメですかね?
おそらく、遠方のタナロット寺院に来ている時はタクシーをチャーターしているし、帰りは荷物の心配もなくホテルに帰るだけの安心送迎プランになっていると思いますので・・・
街の中心地を観光巡りしている時は手ぶらの方が楽ですからね。


帰りは安かったのでアイスでも‥
そんなこんなで、割と色々見て回って買い物もしたので休憩。

色目も日本とは結構違うジェラートに目が惹かれた様子・・・


安いけどまぁそれなりみたいですw
2つ好きなフレーバーを選んで・・・


コンビニで200円だから高いんだけどね
実はお洒落なジェラート屋でもなく、タダのコンビニ産です。

2つで2万ルピアなので日本円で170円と言ったトコでしょうか?
バリ島では割と高級品になります。(多分


が、味はイマイチらしい。(笑

彼女さんは、プーケットでもバリ島でもよくアイスを食べてましたが、中の人は一切食べませんので味については不明です。
まぁ、南国では味よりも身体が冷えればエエと思うんだけど・・・

で、この後も色々とお買い物をした訳ですが・・・
過去にブログでうpしていると思うので省略します。

で、ホンマは夕暮れのタナロット寺院をロマンチックに目に焼き付けるトコなんでしょうけど・・・
最後のあがきで色々と予定を組んでいたので、惜しげもなく退散。


帰りはやっぱ棚田?にウットリ
帰り道は、また目の前一面に広がる棚田にウットリしてました。

たぶん、今ごろエリーゼ仲間は同じように奈良の明日香村の棚田でも見ながらツーリングしてるんだろうなぁ~っと・・・
折角だから、コッチの棚田映像を送ろうかとベストショットを狙ったんですが、ライステラスのような幻想的な棚田でも無いし、どちらかと言うと平原ちっくで丸山千枚田のような感動的な壮大な景色でもなかったので・・・

´3`)フフフ みんな元気にしてるかなぁ~・・・

と、何十枚と撮りながらスルーしたかと思います。(多分


そんな訳で、ちょっと遠いタナロット寺院への旅でした。
そろそろアイフォン内のバリ島写真も無くなってきたので・・・
あと1回ぐらいで完結?すると思いますので、その時は温かい目でよろしくお付き合い下さいませ。



関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : バリ島 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード