久し振りにアウディ

放置しすぎてバッテリーが死んだとか・・・
放置しすぎてエンジンが掛からないとか・・・
放置しすぎだから自動車保険入ってないとか・・・

色々とありましたが、本日?をもって無事復活であります。


TTを召還しました
そんな数奇な運命をたどったアウディTT君。

とりあえず、エンジンが掛からない原因だった燃料ポンプを入れ替えて、任意保険もきちんと再加入しての再出発であります。
まさか、コチラのアウディTTにも色々とお金が掛かるなんて想定外でしたが、まぁ何とか動くようになって動かしてもOKになりました。

今回は、御不動様から復活するのに、まぁ想定通りの割と低価格ですんだのですが、実はコチラの車両もエリ子と同じく2002年式の古い個体です。
現在のアウディTTのラインナップでは全てがAT車で、MT車なんて存在しない訳ですが、コチラのTT君は最初期のTTでもあり、唯一MT車の稀少モデルとなっております。
しかも6MTではなく、5MTってトコがローバー型のエリ子みたいで何とも愛くるしいじゃないですか。

本日は、そんなTT君で出発であります。






スーパー久し振りです
それにしても、ホントに久し振りだな・・・

むしろ、今まで何もせずに動くトコが流石はドイツ車?
年代的にも過去のメンテ記録的にも、ずっと乗ろうと思ったらコレから鬼ほど維持費が掛かるハズです。
そうですね。エリーゼの経験を元にして言えば・・・
今から2~3年で、劣化した部品交換のメンテだけで当時の新車価格ぐらいは最低でも掛かると思います。

怖い怖い・・・w


今日は運転はしません、のんびり助手席です
そんな訳で、久し振りの車デートですが、今日は運転しません!

助手席でゆっくりまったりと過ごしたいと思います。



(゚ロ゚;)エェッ!?

どうして? なぜ、こうなった・・・?


色々なルートがある中で、最も単純で、最も簡単な1本道のルートとして迷子になったり、事故にあわないように西名阪の簡単ルートを選んだ訳なのに・・・


なぜか迷子‥
なんで、和歌山方面(阪和道)行くかなぁ・・・

今日は、西名阪でサクっと行きましょ!って言ったのに・・・
って言うか、別に西名阪は初めてじゃないし・・・
てか、もう何年も経験してるよね?

仕方が無く、高速を降りてヤリ直しです。
大阪の道は苦手ってコトで、ココからは中の人が運転です。


仕方なく運転になりました‥
色々考えた末に、最も簡単な西名阪戻りにしました。


ぼっちハーブクラブ
とりあえず、ボッチな感じでハーブクラブに着艦。

本日は、明日にFSWで開催されるロータスDAYもありまして、布メンジャーな皆様は早朝から関東方面に遠征中。
残った面々も、今日はラ・フェスタ・プリマベーラ2016がありますので、マチャアキやマッチを追って大移動中なのであります。

こんな昼過ぎにフラっと自由気ままな人は誰も居ません。
って、思ってたけどハーブクラブに緑のS1と赤のS2があったから・・・
多分、TTさんとへのかっぱさんですかね?
お二人とも気持ちよく走って行かれてました。


助手席にてウロウロ
ココまで来れば、迷っても道を間違っても大丈夫なので助手席へ。

(-ω-;)ウーン やっぱ、アウディTTは何と言うか・・・


ぶっちゃけ、ココだけの話、運転席でも助手席でも同じ気がしました。
アウディTTはエリ子と同じ1800ccの同じパワーの5MT車なんです。
あげく、燃費も同じくらいと言う摩訶不思議。

違うのは、車重です。
大袈裟に言うと、アウディTTはエリ子の2倍の重さがあります。
んでもって、実はアウディTTはターボモデルであります。
まぁ、一番の違いは屋根が開かないコトかも知れませんが・・・


ウーン (Θ_Θ;) 何て言うか、運転して思ったのは・・・

アウディTTって、普通と言うか、面白くないなぁ~って・・・
とりあえず、ハンドルがデカくて、足回りがグネグネにやわらかくてコーナーでのロールが酷い。だからと言って遅い訳ではなく、高速とかで40kmぐらいしか出てないのかなぁ~って感じでも80km出てます。

スピード感がまるで無いのに、スピードは出てて、ハンドルもブレーキもアシストがあって軽いってコトですかね?
エリ子みたいに、足腰鍛えていざと言う時は自分の筋力をフルで使って鬼ブレーキっ!って言う覚悟も筋トレも不要です。



月ヶ瀬の尾山にて
そんなこんなで今日は月ヶ瀬でもヘルシーなランチを目指してみた。

コレはダイエットも考えてのコトである。
なんでも月ヶ瀬には、ヘルシーで大人気の豆腐田楽のランチな店があるらしいが・・・
その場所は、中の人は何年も前から当たり前のように走っているエリアでもあり、コースでもある訳である。
しかし、そんな場所も店名も聞いたコト無いしなぁ~

場所的には解るんだけど・・・



コレは解らんぞw
なるほど、こんな場所かよww

コレは解らんわ・・・
ココに住んでる人か、梅祭りで車を捨ててウォーキングした人でないと絶対に見たコトもないハズ・・・


しかし、情報では駐車場は4~5台あるらしいが・・・
どう考えても、表通りにそれっぽい駐車場はない。


裏に駐車は一応できるみたい
もしやと思い、裏道を歩いてみるとこんな風・・・

要するに、裏道側に駐車場があり、ココで大人気の様が解るって訳なんですね。(あくまでも現地民にだけ解る仕様)

しかし、何となく様子がおかしい。
とりあえず、豆腐屋さんはやっているっぽいけど・・・
どう見てもランチをやっている風には見えない。
駐車場にとまっている車も、お客さんではなく、御家族では?

で、おそるおそる電話したら、ランチは5年程前にヤメたんですってw
多分、豆腐屋だけは今もやっているっぽいです。


段差カフェにギリで滑り込み
仕方なく、ヘルシーランチを求めて段差カフェへ移動。

営業終了の14時の数分前にギリで滑り込みです。


中の人はいつも通りにチキンカツ
中の人は、いつも通りにチキンカツにしてみました。


彼女さんは舌平目ムニエル
彼女さんは、ヘルシーを意識して舌平目のムニエルです。

なんと言うか、全キャラ大集合ですか?


玉子が目立ってます
寿司玉子バージョンが目立ち過ぎですね・・・

恥ずかしくないように、サッと撮って!
って言われてもなぁ・・・
まぁ、それは無理だからw


なんとなく彩が地味
それにしても、段差カフェもクオリティが落ちましたね。

ぃぁ、お値段的に決してハズレな訳ではないんだけど・・・
数年前の彩りの良さ、副菜の多さ、盛り付けの素晴らしさを知っている訳なので、どうしてもその当時と比べてしまいます。
主菜、副菜の量も全然違うし、何て言うか全然別の店に来た感じ?
中の人のブログで、「段差カフェ」とかで検索して、過去の料理画像を見れば見るほど、全く違うのが誰でも一目で解ると思います。


オカズとしては充分なんだけど‥
800円ランクだと、おかずレベル的には何の問題もないんだけど・・・

以前が凄すぎたんだと思います。
何気に中の人のお気に入りのカフェでしたし・・・
だって、わざわざフロントカウルを擦る恐怖の段差越えを覚悟してまで日々通ってたんだもんね。
お客さんも極端に少なくて、居心地が良かったんですよね。

おかわりも自由だったし、チキンカツは2枚載せが普通だったし、カツカレーはビックリするぐらいのカツ量に大盛もフリーな感じだったし・・・
今では、どんな設定になっているのかは知りませんけどね。


布目でちょっくら休憩して‥
その後は例によって、布目ダムでしばらく休憩です。

ホンマは軽く洗車でもして・・・って思ってたんですが、道具を何も持ってなかったのと、極度に眠かったのでスルーとしました。

また近いうちにTT君でドライブでも楽しみたいと思います。

関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ドライブ記 - ジャンル : 車・バイク

コメント

ドライブ再開

ドライブの仮復活おめでとうございます。
気まぐれではありますが、たまの土曜日には
月ヶ瀬方面に行ったりもしますので
見かけた際はよろしくお願いします( ´▽`)

きみやさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

きみやさん(きみやんさん?)の真っ白なFCにそのうち出会えるかも知れませんね。
その時は、真っ黒?なエリーゼなのか、それとも真っ白なTTなのかは解りませんが・・・

偶然、お会いしたら取り敢えず並べて記念撮影お願いします!w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード