久し振りに登山@ダイヤモンドヘッド

( ´△`)アァ- ぃょぃょ最終日か・・・

今日もイイ天気のワイハ
連日、朝からめさめさ快晴のワイキキ・ビーチであります。

連日の疲れから、彼女さんはおそらく今日も昼起きなんだろうな・・・
結局、やってみたかった登山は出来ずに旅も終わるか・・・
仕方ない、例によって朝のジョギングでもするか・・・

で、お気に入りとなったヒルトンホテル近くの「黒田フィールド」で程よく汗を流してジョギングを堪能し、ホテルへと戻る。


Σ(- -ノ)ノ エェ!?

起きて準備をしてる・・・w

そんな訳で、お昼に登山を少し(嘘)だけして、夕方から夜にかけて最後の買い物をするってコトで出発です。
本日は、ここハワイから登山日記をお届け致します。

バスで火口まで移動
先ずはバスで最寄の登山口まで。

バス時間をカウントダウンしつつ走ってバス停に行くも大幅に遅れていたようで余裕でした。
このあたりの時間感覚が日本とは違いますね。


山が噴水越しに見えるBP
今回の目的地ダイヤモンドヘッドをカピオラニの噴水越しに見る。


バスで登って行きます
バスで結構登って行きます。

コレはHISのトロリーだから登山口まで行けますが、コレがザ・バスだったらKCCとか坂の下が最寄のバス停になってココまでは登って行けません。


サーファーズポイント
先ほどの路駐の多いゾーンを抜けるとサーファーズポイントに。

高台からの海の景色は最高で、なるほど波も高いですね。
海の色がココだけ違って透き通って見えてなるほどココでサーフィンが出来たら最高ですね。(サーフィンはしないけど・・・)


ココが対面の細いトンネル
いよいよ有名な最終トンネル前です。(細い&低い)

ココって、2車線に見えて実際は交互通行の1車線です。
特にバスは道路の真ん中を走らないと車体が削れるでしょう。
んでもって、交互の意味は1台ずつって意味らしい。( ̄ェ ̄;) エッ?
地元の人は1台ずつ交互を実践してましたが、レンタカーな観光客は無視して見た目2車線だからトンネルに入って来るし、2台3台連なって来ます。
日本で工事中の対面交互は信号などで片側ずつ一気にですが、コチラのお互いに1台ずつ交互といったローカルルールは逆に時間が掛かるし、危ないと思った。
むしろ、ココこそ感知式の信号機を付けるべきでは?


歩道は少しで狭い‥
歩行者用の歩道はこんな感じで細くて凸凹で適当な感じ・・・

手彫りのトンネルだから、場所によっては歩道が20cmぐらいしかありません。バスに乗らずにハイキングでココを通る時は後方からの車に注意らしいです。(汗


入場料1ドルです
そんな訳で、登山口の火口に到着!入場料1ドルです。


登らなくても素晴らしい景色です
別に登山しなくてもステキな景色です。

平地に見えるココは、全てダイヤモンドヘッドの火口となっています。
つまり、富士山で言えば、宝永火口と言ったトコでしょうか?


レッドブル来てました
日本だけかと思ったら、海外でもこのスタイルなんですね。


セクシー美女がRB配ってます
日本と同じく、セクシーギャルがレッド・ブルを無料で配ってました。


いよいよ登山開始です
そんな訳で、給水やトイレなど準備完了後、いよいよ登山開始!

むちゃくちゃ、平地にしか見えないけどね・・・w








先ずはなだらかな道を登って‥
ウーン (Θ_Θ;) 予想以上に整備された道ですねぇ・・・


割とスグ急激になります
しかし、案ずる無かれスグに登山っぽくなってきます。


汗ダクで登って行きます
と言うか、割とスグにきつくなりますねw


それにしても気持ちがイイ登山です
勾配は結構ありますが、乾いた風が気持ちイイ。


しんどいけどサクサク登れます
(ジョギング後で)しんどいけど、サクサク登れます。


あれを登ってきたんですね
振り返るとトンでもない道のりだったコトが解ります。


舗装されていて登りやすいです
道は整備されているので登りやすく迷子にもなりません。

一番嬉しいのは、ハチの恐怖が無いってコトかな?


写真撮ってるとほってかれます
おっと・・・ 撮影に夢中だと置いてかれますね。


しばらく行くと洞窟ゾーン
しばらく行くと、洞窟ゾーンになります。


洞窟ゾーンの中です
ちょっと細くて暗い。んで、洞窟ゾーンもしっかり上り坂です。


ココだけでも洞窟ツアーのようです
ココだけでも洞窟ツアーとして1ドルなら安いですね。


そろそろ出口です
そろそろ洞窟の出口ですね。


(゚口゚;)うっ・・・


出口すぐで急勾配
トンネルを出るとスグに急過ぎる鬼階段・・・

ものすごい急です。100段あるんだとか何とか・・・
あの急階段を上ると、また洞窟ゾーンになり、螺旋階段からダイヤモンドヘッド砲台跡を経由して頂上となります。


コッチはなだらかゾーンです
コッチはなだらかな草原の尾根コースであります。

要するに、トンネル出口からは2つの登頂ルートがある訳です。


そろそろ頂上が見えてきました
そろそろ頂上が近くなってきて展望ポイントが多くなってきました。


頂上にはチームステッカー
ついに頂上へと到着!コチラはドコかのチームステッカー?

走り屋チームと言うよりは・・・
登山チームの方なんですかね?よく解りません。
吉野のラーメン河のような感じの「行ったぜ記念」ですかね。


頂上に到着しました!
で、やっと頂上に到着しました!


最高に気持ちイイです
最高に気持ちイイです。


いあ~ダイヤモンドヘッドいいですね
ダイヤモンドヘッド、かなりステキです。

海岸沿いのホテルから、海も見えてダイヤモンドヘッドも見える「ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー」ってのはかなりお高い金額になりますが、ホテルから見るよりも、ダイヤモンドヘッド側から逆に見る方がキレイでステキかも知れません。


ちょっと記念撮影w
ちょっとだけ自撮記念撮影・・・w

頂上で景色と風を充分堪能し、映画エベレストな達成感も存分に味わったので、バスの時間に併せて下山します。


では降ります
下山する時の景色もコレまたイイですねぇ~

写真では表現できないのが残念です。
人間の目ってやっぱり素晴らしいですね。


ハワイのチビ灯台が見えます
眼下にはハワイのミニ灯台も見えます。

コチラの灯台は、まだ観光施設としてオープンしてないみたいです。
何年か後には、有名な観光スポットになるんでしょうね。


火口なのが良く解ります
上から見ると、広大な火口の様子がよく解ります。

今から、あそこまで下山するんですけどねw


下山してシェイブアイス
下山したら、シェイブアイス(カキ氷)が定番コースのようです。

ダイヤモンドヘッドだからと言って、ボッタしまくりではありません。
街中のカフェと似たようなお値段設定であります。
(まぁ、街中と言うかハワイ全域がボッタ高物価ですが・・・w)


あえてのスムージー
あえてのスムージー・・・w

そんなこんなで、入場料1ドルと安いし、今までのなんちゃって登山経験の中では最高級にステキです。
ハワイに行った思い出作りには、タンタラスの丘よりオススメですね。

問題は登山口へのアプローチ方法ですが・・・
日本からのツアーだとHISのレアレアトロリー、JTBのオリオリトロリーが登山口まで行きますので、おそらく無料で簡単に行けると思います。
ザ・バスでもちょっと下から自分で登ってくる距離が増えるだけなので、片道2.5ドルを払ってでも1回は行くべきですね。

中の人がハワイに住める超セレブだったのなら・・・
おそらく、入場年間パスを10ドル払って買っていると思います。

ダイヤモンド・ヘッド登山、ハワイに行ったら皆さん是非どうぞ!


(追記)
ちなみに、中の人はダイヤモンド・ヘッド登山で・・・

こんな感じで登山
こんな感じで登っておりました。


ひょっとして目立っていたか?
ひょっとしたら、地味に(カエルが)目立っていたかも知れません。


恐怖の展望台ではこう
地獄の度胸試し展望台では、こんな格好でカッコ付けてます。

ジャパニーズ・ガイはストレンジャーだぜ!って登頂者全員にアピールしてしまっていたらスイマセン。

関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

初コメで失礼します^^

いつも拝見しております。。

ダイヤモンドヘッドの入山料?って・・・必要でしたか?

ワイキキのオームの写真と同じボッタくりだった気が・・・汗

名無しさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

ダイヤモンドヘッドの入場料は1回1ドル、年間パス10ドルなんですが、ひょっとして数年前はハナウマ・ベイみたいに無料だったのでしょうか?

ザ・バスも20数年前は75セントだったのが今では2.5ドルになってますし、大昔は無料だったハナウマベイでの泳ぎも3ドルぐらいになって今では10ドルくらいするんでしたっけ?

チップの基準も前は10%程度だったのが、今では15%は当然として18%、20%を店側が要求してきたり、ベッドメイキングも昔は1ドル標準が今では2~3ドルが当たり前になったりと・・・

あげく20年前、ぃゃ10年前でも無かったリゾートフィー!?
ボロホテル以外では当然に1泊あたり30ドル~40ドルを別途頂きます的な・・・
今回の旅で、つくづくハワイは物価の高い国って言うか、旅行先としては正直どうなんだろうなぁ~って気がしました。

いまだに渡航先人気が高いのが不思議であります。(笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード