奈良をランデブー@エリーゼ&TT

ウーン (Θ_Θ;) あっちいぞ・・・

こんな炎天下の中、ドライブに行く人はいるのか?

炎天下でも出発です
今日は日陰に停めて出発準備です。

まぁ、日陰でも車内の温度はドンドン急上昇・・・w


スーパー暑いです
暑いですねぇ・・・ ココで車が故障したらどうなるんだろうな・・・


あれはおそらく暗峠です
左に見える急過ぎる細い坂は暗峠であります。

確か頂上付近の茶屋から第二阪奈が見えるんですよね。


まずは秘密基地に到着です
そんなこんなで、先ずは秘密基地に到着です。

誰とも待ち合わせしていませんので、本日はソロであります。


( ´△`)アァ-

車から例の異音が発生していたので・・・

冷却水がパンク寸前‥
エンジンルームを見ると、冷却水がパンク寸前でした・・・

要するにオーバーヒート一歩手前・・・ (滝汗


暑すぎて、中の人も死にそうですが、こんな日は車の方も死にそうってコトですね。
炎天下の夏場にエリーゼなんて乗ってはいけないと思いました。
しばしエンジンを掛けて、冷却水を循環させて、車を手で押して日陰でエンジンを冷やします。
しばらくすると1cmほど水位が下がりました。

しかし、それ以上は水位が下がりそうにないんで・・・
エンジンを止めて、車を見守りつつ、炎天下の下で数分。

大丈夫そうだが、エンジンルーム全開のままランチに行くコトに。


2度目の再来も無駄に終わった‥
今日で2度目となる骨付鳥の一勝さんであるが・・・

残念ながら、思った通りの展開でした。
食べログの情報が書き換えられており、営業時間が17時半~となっていたのは誤植でも勘違いでもなく、要するにランチ営業をヤメたと言うコトである。
行ってみれば店休日と言う訳でもなく、店内は電気が点いていながら営業はしていない。
なるほど、そう言うコトか・・・

経験上、かなり解るが夜の営業をしている場合、ランチ営業の粗利の低さってのはどうしようもないもんで、どうせ同じ家賃を払うくらいなら・・・と少しでも儲けようとする訳であるが、蓋を開けてみると仕入原価、人件費、水光熱費だけで赤字になってしまうケースも少なくない。

一勝は少し前に来た時には14時前で大繁盛の状況だったが・・・
500円ランチや書き込みでもコスパ抜群のランチとあるように・・・
要するに、そう言うコトなんだと理解した。
もう、ココに来るコトは2度とないだろう。縁が無かった。


仕方なく、他を探して吉川亭です
仕方なく、秘密基地に戻りつつ、コチラの老舗グリルに来てみた。

グリルと言うか、昭和56年から続く洋食屋である。
なんだか、最近そんな洋食屋ばっかり来てる気がするなぁ・・・


ムニエル1400円
彼女さんオーダーの魚のムニエル@1400円です。

ビックリしたのは、魚と言うよりホタテの多さ。
こんなにもデカぃホタテだらけなのかw

だったら1400円と言う値段も納得だ。
ハンバーグで1000円、ステーキで3800円ぐらいだったか?
洋食屋ではムニエルと言うのは割とお高いものである。


鶏とエビの煮込み1000円
中の人は鶏と海老の煮込みと言うものにしました。1000円です。

大粒の海老がゴロンと4匹?
ホントは5匹だったのでは?という気がしない訳でもないが・・・
この盛り付けの違和感は何だろう?
キッチン内で1匹落としたのか?って感じである。
普通、この状態で持ってくるか?w

この状態にどちらもサラダとご飯かパンが付く。
コレなら洋食屋としての価格設定的には安いかな?

しかし、席に座っていると聞こえるのは厨房からの暴言?怒号?
えらく気難しい店主なんだなぁ・・・と思っていた。
アルバイトの女子スタッフさんも大変だなぁ・・・と。

で、店内を見ていると何か貼っている。

昭和56年の老舗洋食店らしい
コレ、わざわざ貼る必要ある?コレって歴史になるのか?w


生い立ちと物語が貼ってあります
その横にはさらに詳しく書かれた貼り紙が・・・

ウーン (Θ_Θ;) なんだろうなぁ・・・
食べログやネット情報によると、味が良く、ビーフシチューとか絶品との賞賛の声も多い老舗の洋食屋であるが・・・
ステーキとかお高いスペシャルにしなければ、夜も昼も同価格設定で1000円程度から味わえるのも魅力的ではあるが・・・

何か色々と中途半端な気が・・・w


コーヒー付だし安いかな?
そして、実は問答無用でホットコーヒーが付いていた。

どうやら、選択肢は一切なく、ホットコーヒー一択のようである。
後から来たカップルが聞いていたが、ホットコーヒーのみの様であるし、先客の全員がホットコーヒーを飲んでいた違和感はこう言うコトだったのかw

こうしてみると、老舗の洋食屋で1000円程度でしっかりとした味とボリュームは異常に安いと思える。
無駄に長居する客は一切おらず、店内も割と混んでいて満席状態であったが、どうも観光客は一切おらず、全員が近所に住んでいる常連さんらしく静かなものである。
静かな店内だからこそ、店主の声が目立つなぁ・・・

何か不思議な微妙な感じが消えないのは・・・
店主の性格?変なコダワリ?

暑い猛暑日であるが、ホットコーヒーは飲めないぐらい熱く、容器もチンチンに熱かったり・・・
せっかくのセット設定なのに、ご飯の盛りは「ぇ?w」と思えるほどかなり少ない控え目だったり・・・
わざわざ壁に貼られた数枚のアレは「俺は気難しいから理解して来てくれよ」ってアピールなのか・・・

安くてメイン料理のボリュームも多いのはイイんだけど・・・
多分、再来店はないかな?w


そんな訳で車を拾ってTT君も出動です
そんな訳で、TT君に彼女さんが乗って出発です。


エリーゼはちょっとオーバーヒート気味‥
中の人はエリーゼに乗って出発ですが・・・

車内は激アツで、車自体もオーバーヒート寸前です。
当然、中の人も滝汗でオーバーヒート寸前です。(爆
般若寺のコンビニで定番のしっかり給水タイムです。

屋根を付けて窓ガラス全開がイイのか・・・
それとも屋根を取っ払ってフルオープンがイイのか・・・
ぃぁ、クーラーの効いた自宅に引き篭もりがイイんだろうなw


ランデブーです
コチラはTT君から見たエリ子の姿。

車種が違うし、久し振りの運転だろうし、どんなペースで走るべきか解らないが、まぁマッタリで無茶な追い越し無しで行く訳である。


ぐるっと走って裏布目カントリーコースです
ぐるっと走り回って、裏布目のカントリーコースである。

大丈夫か?と聞いたところ、いたって普通に大丈夫でした。
ウーン (Θ_Θ;) どうやら大丈夫じゃないのは車内激アツのエリーゼの中で給水も出来ずクラクラしてきたσ( ̄。 ̄) オイラの方だったか・・・


カエルも絶好調みたいですね
ウーン (Θ_Θ;) どうやら、まだまだ余裕があるみたいだな・・・w


で、ミモザガーデンに到着
そんな訳で、ぐるっと針を抜けてミモザガーデンへ。

当初の目的通り、コチラへカキ氷を食べに来ました。


この辺はポケモン0です
さすが、この辺りはかなりの田舎なのか地図上には何も無し・・・


車が常に確認できるのがイイですね
常に車を監視出来るし、目の前の湖?もステキなんだけどなぁ~

小鳥が飛来しては、小魚を乱獲する様子がシュールです。
ステキな自然の風景を楽しめます。


彼女さんミモザパフェ
彼女さんは、ミモザパフェ@700円です。


中の人は氷あずきです
中の人は氷あずきでコチラも700円。

食べ終わる頃には、涼しくなり体も充分冷えました。
土曜日は朝から猛暑だったけど、16時には曇りになり気温もグッと下がって快適になりましたね。(強がり

なので、直射日光による日射病も無いだろうと、屋根を取っ払って山の中を快適にドライブです。


秘密基地に着艦です
途中で、家主のMさんとスレ違ったので3台で帰還。

エリーゼもインプもあるのに、暑いからあえてのワゴンRで山を走っていたそうです。
最新の日本車は軽でも快適でクーラー効きまくりの冷え冷えだそう。
なるほど、こんな真夏の日中にエリーゼで走るなんて普通の人はしないだろうし、走っても早朝か夜だろうな・・・w
TT君はいつも通り、Mさんに預けて大阪へ帰還です。


淀川にむりやり花火を見に行く
少し自宅で休んで時間ギリギリで淀川花火大会へ。

到着と同時に残り時間20分程度。
今回見たポイントは・・・ 淀川花火にしては空いてました。
普通に座ってゆっくり見れましたね。


大連発ですね
今年から10分長くなって約1時間打ち上げっぱなしです。

あの大渋滞の橋をエリーゼでタイミングよく通過したら・・・
トンでもない大迫力なんでしょうね。ひょっとしたら火の粉でコゲるかも知れません。
吉野や葛城、豊岡の花火大会は偶然にも車の真上花火を体験してますが、映像もさるコトながら、音が凄かったです。
オープンカーは空と繋がっているから大迫力なんですよね。


肉眼ではかなりキレイでした
映像でお伝えするのはもはや不可能。花火は生で楽しむもんですね。

で、花火大会の終りと共に即効で電車帰りしました。
車内ガラガラ乗客0の始発電車でした。
この状況なら、来年もこのパターンで行くのはアリかな?


夜ご飯は自宅近くにて‥
最寄の駅まで戻っていつものスラジュでゆっくりディナーです。

暑いし、慌しいし、アッチコッチ行って忙しい1日でした。
夏の過ごし方はちょっと考えないとダメかも知れません。

9月頃までは、何もしないのもアリかな?


関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ドライブ - ジャンル : 車・バイク

コメント

No title

FBだとやばいのでこっちに~。
刃物のほうでシェフとお付き合い多いですが、シェフって変わった人を超えて
変な人多いです。まだ自らを分析、自覚しているだけ素晴らしくマシな方かと・・。
某世界的スペインの有名シェフ、日本に来たときは女子高生ばっかり撮って
おりました。一緒に捕まりたくないのでそのシェフを置き去りにして逃げた
経験あります。

アバルトさんへ

そう言えば、鍛冶屋さんでしたね。
カーボンの窯屋さんでしたっけ?w

シェフって変わった人多いですか?前職は飲食どっぷりの世界に居ましたが、変わった人は・・・ 居たかな?w

女子高生マニアなシェフはちょっとヤバぃですねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード