アイフォンをエリーゼに車載@要加工

スマホってスグに落として画面が割れるんですよねぇ~
どうしよっかなぁ~丈夫なケース要るかなぁ~
って思っていたら・・・

とある方から、スマホにリングを付けたらイイと聞きました。
そんなオススメをしてきた人はスマホ裏にバンカーリングを付けておりました。
んで、話によるとバンカーリングより新しく出たアイリングの方が絶対にイイんですと。

そんな訳で、中の人も付けてみました。

アイリングです
新しく出たアイリングの方です。

バンカーリングとの違いは・・・
リング部分が固くてどの角度でもリングが固定できます。
バンカーリングは45度みたいな感じで角度が決まるんですよね。
んでもって、リングの固定がやわらかいので、スマホを立てていてもリングがスマホの重さに負けてパタンと倒れてしまうんです。

そして、バンカーリングはリングが完全な丸。
アイリングは写真の様に直線部分があります。
この直線部分がスマホを立てかける際に安定感を生み出します。

さすがは文明の利器。
今まではスマホを落としてしまうコトが多々ありましたが・・・
アイリングを付けてから、そもそも落すコト自体がなくなりました。
ひょっとしたら、コレを付けたらケース自体が要らないかも・・・

で、アイリングがバンカーリングと違うもっとも特徴的なコトは・・・

車載が出来るパーツ付き!

もともと、コレが目的でアイリングを買った訳です。
落さないとかスマホを立てるとかは二の次なのですw


で、愛車エリーゼにアイリング車載パーツを付けてみます。

ウーン (Θ_Θ;)
そもそも付ける場所がない・・・


さすがはエリーゼ、特殊な形状なのか、車載パーツを付ける場所がありません。って言うか垂直面がそもそもない。

エリーゼに乗ってて、アイリングの車載パーツを付けようと思った方も世の中には数名居てるでしょう。
しかしながら、多くの人が装着は不可能!ってコトで諦めたかと。


収納スペースがほとんど無いエリーゼ
中の人はこんな場所に付けてみました。

もちろん、純正のまま装着は出来ません。
製作過程の写真を撮るのを忘れたんでレポ出来ませんが・・・
エエ感じのABS樹脂を流用し、パテで整形し、得意のヤスリ技で磨いて磨いて車載パーツを付ける土台を製作。
それをプライマー下地処理し、艶消しブラックで塗装して完成。


自家製のコチラ
こんな感じに純正品みたいに作り上げました。

写真がブレてしまったけど、まるでどっかで売っているみたいです。
純正の車載パーツから14~16mmぐらい嵩上げ+台形ベースに仕上げていますので、若干斜めの角度が想像ではピッタリとハマるハズ。


完璧?でしょ
スマホを装着したらこんな風になります。完璧でしょ?

と言うのは嘘で・・・
やっぱりちょっと嵩上げが少し足りなかったみたい。
アルカンターラの張り出し部分に干渉してこの角度が限界です。

まぁ、画面は見えるからイイんだけどね。
この角度なら直射日光で画面が見えないってコトもないし・・・
下向き斜めではなく、完全に垂直か、または上向き斜めにスマホをセットしたい場合は、嵩上げの土台を2cmぐらいで作らないとダメですね。

まぁ、そうなるとタダでさえ目立つ車載パーツの存在が更にド派手になってくるんで、ほどほどのコレぐらいの土台にした方が個人的にはイイと思うけどね。


そんな訳で、スマホを簡単に車載できるアイリング。
ナビの無い車には超オススメですね。

え? 今どきナビが付いてない車なんか無いって? w


関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : DIY日記 - ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード