諦めない限り失敗は無い@エリーゼ

ウーン (Θ_Θ;) 眠たいけど寝れない・・・

そんな訳で、スピードメーターだけ動かないエリーゼのメーター修理の続きであります。
ぶっちゃけ言うと、何度もやり直し作業をする中で・・・
正直、死にたい気分でした。

こんなコトになるなら、修理なんてしなければ良かった。
液晶表示が見え難いぐらい今まで何の問題もなかった。
一体どうすればイイんだ・・・

もうホントに新品のメーターASSYを買うか?
しかし、それでは何だか負けを認めたコトになる。
新品でも壊れて当然レベルの物に50万とか出すのか?

よく考えろ!落ち着いて考えろ!
今まで見えなかった液晶は見えるようになった。
タコメーターも今まで通りに動く。あとはスピードメーターだけじゃないか、あとちょっとでゴールじゃないか!
諦めたらそこで試合終了だ。あと1歩進めば完全に直るトコまで来ているんだ!

スピードメーターが動かないのは・・・
針を抜くまでは動いていたんだから、基盤本体が壊れた訳ではなく、問題があるとすればステッピングメーター自体の問題か、はたまたジャンパー線の繋ぎを勘違いしてるとか?
しかし・・・ ジャンパー線の繋ぎで間違えるコトは物理的に考えられない。そんな適当に回路図を見ている訳ではない。

だとしたら、やはりステッピングモーターの問題になる。

相当勉強しました
そんな訳で・・・ 実はステッピングモーターについても勉強しました。

基本構造、原理、それこそ寝る前も通勤途中もずっとステッピングモーターの構造や動くメカニズムを頭に描いていました。

ステッピングモーターって言うのは基本構造は驚くほどシンプルな訳である。それが壊れるって言うのは・・・

基本的に有り得ない。

壊れてしまったのは、やはり無理やりに芯を刺し込んだ際に軸が曲がってしまったのが原因ではないだろうか?
エリーゼでも決して少なくないステッピングモーターの不具合が報告されてはいるが・・・
構造は簡単ながら、実はかなりの精密機器。
エリーゼに使われていたSWITEC社は元々は複雑機械式時計の名門スイス製であり、スウォッチ関連の会社である。
(今は買収されてシンガポールの会社となっている)
組み立て工場で適当作業で変に力が芯に加わったとか何かで初期不良は必ずあるだろうし、実際にはメーター分解などを個人で行った際に芯を引っ張り過ぎてオーナー自らが壊してしまったケースが多いんではないだろうか?

実際にきちんと動いているタコメーターの方は手動で動かした時に驚くほど軽い動きをしている。
で、何度も分解してギア位置が合う様に調整している芯抜けの方はと言うと、何度組み上げても手動で動かしてみると動作が固い。
微弱電流で動かすコトが出来る感じがちょっとしない。

やはり、強引に芯を刺し込んでしまった際に軸が曲がってしまったと思われる。
何度も動作実験をして針を触っている時に、通電している時は針を動かすのに強い抵抗を指に感じた。
コレはつまり、通電中は位置を保持しようと機能するステッピングモーター自体の特性ってコトである。つまり回路図やハンダ付けについては問題が無いのではないか?
(だってテスターで何度も通電テストもしているのである)

つまり、基盤自体にダメージがある訳ではなく、新品の同じギア比のステッピングモーターを購入して再移植すれば直ると言うコトではないか?もうゴールが見えているのではないか?


ステッピングモーターの諸元表?
エリーゼに付いていたのはX15の166型である。

他にも品番が書いてあったが、そちらは製造ロット番号。
最も重要なのは166と言う型番である。
頭のX15と言うのはどうやらバージョンであり、X15を改良してバージョンアップしたのがX25と言うコトであり、最新で製造されているのは更に改良を加えたX27シリーズとなっている。(多分

んでもって、実は166型と言うのはネットでもあまり登場しない。
世の中の主流はどうやら168型で、エリーゼもトヨタ型の後期以降(おそらくC型のメーターパネル)になると168型が使われているようである。
諸元表?を見ると166型と168型で微妙な違いが・・・


166と168の違いは?
どうやら、正確な位置にマウントする為のペグが付いているらしい。

うちのエリ子のステッピングメーターとしては166型が理想なのであるが、別に168型を購入してマウント用のペグを削り飛ばせばイイだけだと思うが・・・
仮に166型と168型のギア比が若干違ったとしても・・・
ローバー型とトヨタ型はメーターの刻みが若干違うだけである。
トヨタ型はタコメーターが10000回転まで、ローバー型は8000回転まで、スピードメーターがトヨタ型は260kmまで、ローバー型は240kmまでとなっている。仮にギア比が違って針の動きが違うとしても・・・
幸いにもうちにある壊れた予備はトヨタ型である。メーターのバックパネルを根こそぎ移植して、警告灯部分で上下に切断して上半分をトヨタ型、下半分をローバー型にすればイイだけの話である。それでメーターの表示問題は軽く解決できる。(と思う)

仕方が無い・・・ 個人輸入で送料が高くつくが・・・
ちょっと海外からパーツを購入するか・・・
それでもダメなら、主治医に新品のメーターASSYを探して貰おう。



ぃぁ・・・ ちょっと待てよ?

ちぇりぼんさんはスーパーセブンのメーターをスマホで代用してたぞ?


GPSスピードメーターをダウンロードで保険
無料のGPSスピードメーターアプリをダウンロードしてみた。

幸いにも動いていないのはスピードメーターだけだから・・・
最悪、コレでイイんじゃない?

と、自分自身で諦めようと思ったのですが・・・

自分自身に諦めろと言い聞かせて、納得させようにも・・・
中の人のホントの中の人は、そんな聞き分けのイイ子じゃない。
諦めないように常に心の中に入ってくるんです。

あと1歩でゴール。
ドコで失敗した?ドコを直せばイイ?解決できるんじゃないのか?
何をしてても囁いてくるんです。



∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

ちょっと待てよ?確かにスピードメーターは1回も動いてない。
何十回と組み直してギア位置を微調整しても動かなかった。
だから、ステッピングモーター自体の破損、軸ブレの摩擦負荷を微弱な電源パワーでは動かすコトが出来なかったと言うコトだ。
通電時には確かに位置を保持する電気の力を感じた訳だから・・・

だが待て、1度だけスピードメーターは動いている。
最初に移植したトヨタ型に付いてたステッピングモーターの時だ。
確かに動きが変で速度が上がり続けて、車が動いてもいないのにメーターがカクカク上がり続けて振り切って・・・
でも、今正常に動いているタコメーターもトヨタ型からの移植・・・

ステッピングモーターの単純構造でこんな不具合があるだろうか?
トヨタ型に付いてたモーターはどちらも手動での動きは同じに感じる。
ステッピングモーターの基本構造と原理は4つの電磁石がそれぞれ通電して中心の永久磁石を回す仕組み。

スピードメーターの針が上がる時は・・・
電流①→電流②→電流③→電流④→電流①→電流②・・・
と言う順方向のパルスの流れでスムーズに回転する。
実際に今までスムーズに針は動いていたし、カクカク飛び飛びとした動きは1度もなかった。

でスピードメーターの針が下がる時は・・・
途中で逆回転のパルスに切り替わる。
電流①→電流②→電流③→電流④→電流③→電流②・・・

あの時、なぜ針は上がり続けたか、なぜカクカクしていたか・・・
ひょっとしたら、1~2系統が接触不良で通電してなかったのでは・・・
だから、針の動きを逆方向に引っ張るコトが出来ず・・・
通電している間は位置を保持しようとするし、次の1個飛んだパルス信号が来るから一気に1コマ飛ばしで針が動く・・・
結果的にカクカクっと上がり続けて下がるコトが出来なかった!?


つまり、単なる接触不良?
モーターの脱調現象では!?


そう言えば、あの時は移植さえすれば問題は解決できると思って、テスターで通電確認は行っていない。
しかも、一番最初の作業でまだハンダ付けがぎこちない時・・・


中の人の頭の中が急に猛烈に回転し始めました。
まるでステッピングモーターのようにグルグルと・・・
まるでデスノートを再び手にし、記憶が呼び戻ってくるかの様に。
脱調現象に陥ったであろう通電状況とそれに追随する電磁石と永久磁石(針)の動きも絵に書いてみて・・・
なるほど・・・ 接触不良でこの通電状態になっていたならカクカク動きの説明が出来るっ!


あのトヨタ型の166モーター・・・
アレは壊れてなどいない!



もう1度・・・ もう1度、最後の挑戦をするしかない・・・

ジャンパー線、ステッピングモーター本体の導通、ハンダ付け後の裏表の通電テスト・・・
うん、基盤は少々焦げたままではあるが・・・
回路の接続、接触不良、ハンダの取り付け、どれも問題は無い。

コレで、もしも動かないのであれば・・・
それは新しいステッピングモーターを購入しても問題は別なトコにあり、根本的にハンダの熱で他の電子部品を殺してしまったか、基盤上で気付いていない断線を起こしてしまったかだ。


・・・o(;-_-;)oドキドキ





(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ



ランド剥がれ、ジャンパー線とか(途中省略)して直った‥w
Σ(゚□゚(゚□゚*)きたあああぁっ!!!

タコメーター、スピードメーター、無事復活です。



LCDもキチンと表示されてます(明るい?
もちろん、液晶部の表示も完璧です。

もう少しアイドリングしてエンジンが温まったら水温も表示されます。


ってな訳で約6年間。ぃぁ、実際にはそれ以上・・・
ずっと悩み続けたエリーゼのメーター不具合も何とか完治しました。

修理してて思ったのは・・・

やっぱり、諦めない心ですかね?

あと、宇宙兄弟ムッタの名言ではありませんが・・・
失敗に費やす労力(時間)とお金(予備パーツ)が必要。
ホンキの失敗には価値がある!っと・・・w

あと、ステッピングメーターの芯抜けは素人には終りを意味します。
メーター修理の際は芯が抜けないように針だけ上手に取りましょうw

コレにてエリーゼのメーターパネル修理は無事完了です。
まだエリ子にきちんと本装着せず、仮留め状態だけどねw

ぁ、今回の一連の作業、表記してないけどもちろん完全な自己責任になりますので、どうか参考にはしないで下さい。
参考にするなら、もっと電子工学に詳しいエリーゼ乗りを探しましょう。
真似して根本的に潰れても中の人は一切責任を持ちません。



(おまけ)

予備としてもう1個買いました

どうせ何年後かには振動で液晶部が壊れるかも知れないので・・・
安いし、予備として同じLCDモジュールを追加で1個買いました。

ステッピングモーターもX25-166あたりを2個程欲しいけどね。
もし、ステッピングモーターが何年後かに壊れたら・・・
それはその時、考えたいと思います。(笑


関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : DIY日記 - ジャンル : 車・バイク

コメント

おお…さすが…(゜ロ゜;ノ)ノ
うちのメーターも来るXデーに備えて作業予約を入れておいてくださいw

布ブルーさんへ

いやはや・・・ 途中、死のうかと思いましたよw

Xデーは、スデに何回も来ているようで・・・
ミッションやらエンジンやらエンジンやら・・・
青いガルエリはメーター修理の出番は来ない気がw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード