なんか色々と似てますね@ベトナム

さて、そんな訳で無事?にトランジットもでき・・・

ダナン国際空港に到着です
約1時間でダナン国際空港に到着致しました。

ハノイからダナンはホントに近いですね。

国際空港、第3の都市、とは言うものの・・・

割とコンパクトな空港ですね
めちゃめちゃ小さい空港ですね。伊丹空港の半分くらいかな?(適当

さて、いよいよベトナムの町です。 …o(;-_-;)oドキドキ♪






っと、その前に・・・

今度こそ換金です
今度こそ換金しないとダメですね。

1万円を換金すると、どうやら193万ドンになるらしいです。
ちょっと前なら200万ドンなのになぁ・・・
ちなみに空港がこのレートの時、街中両替所は194~196万ドン。
ベトナムの場合は、空港でもホテルでも街中でもあんまり変わらないみたいです。レートよりも安全かどうか、換金詐欺の方に気を付けた方がイイかも知れませんねw

ベトナム旅行において・・・
現金をいくら所持するべきなのか、使うのか・・・
ベトナムはあんまりクレジットカードが使えるイメージがない。
(特に屋台や市場、小さい商店、夜店など)

全く予想も付かない訳だが、過去の経験からしてこのようなアジア圏なら6泊だったら2名で合計6万とか?
1日1万あればお釣りがあるイメージなのだが・・・
ベトナムドンは日本に持ち帰っても換金も出来ないし、価値もない。
何度もベトナムに行くイメージも無いからなるべく余らせたく無いしな・・・

幸いにも、ホテルで両替しようがドコでしようが差がないみたいなので、とりあえず2万円の両替としておいた。
足りなくなったら都度換金してなるべく余らせないように・・・
今回は1000円札もたっぷり持参しておりますからw

んでもって、彼女さんも経験ってコトで1万円を両替。
計3万円の両替経験を今、空港でするコトによって、今後の換金詐欺対策と言うか、ボッタ対策の勉強とする訳です。
それにしても、ややこしい額面金額と言うか、札の多さですね。
1万円=1,930,000VDNで、2万円だと・・・ (Θ_Θ;)ウーン

結果的には6泊8日で2人合計で4万円分で余裕?でした。
と言うか、それでも最終日には7千円分ぐらいあって、街中で最後のお買い物、タクシー往復、ご飯などしつつも、空港にて最終的に余った1500円分ぐらいをお店のスタッフさんにも手伝って貰って?全て使い切りました。(謎

しかし、ややこしいのは、やはり0の多すぎる単位です。
200000ドンは・・・ 日本円で約1000円?
0を3つ取って、5倍したら日本円換算ってトコでしょうか?

経営者でもなく、経理職でもない普通の日本人は20万とか30万と言う4桁単位(0000と0が4つ)認識なので、200000ドンと言えば、頭の中では20万ドンになります。
コレに対してベトナムの人達や街中では下3桁の000を省いて表記したり、提示してくるのが普通です。
20万ドンの認識ではなく、200,000ドンの認識ですね。
(説明するのも伝えるのもややこしいなぁ・・・)

なので現地の方が20と言えば、それは20万ドンのコトではなく、下3桁を省略しての20のコトで20,000ドンのコトです。
日本風に言えば2万ドンのコトなんです。
この感覚が慣れないので、20や30の表記を見たり、英語で言われてしまうと、「あぁ・・、20万か・・・」と誤認しちゃう訳です。
慣れない日本の方はよく0が1個多い状態で支払ってしまうそうです。

ぶっちゃけ、中の人も60と言われて・・・
60万かぁ~、まぁエエか・・・
と60万ドンを渡しそうになりました。(って言うか渡したw)
実際の金額は6万ドンで、300円なのに3000円も支払うというw

露店の人がエエ人で、「BIG!BIG!」って言ってくれて助かりましたが、悪徳タクシーなら完全に取られてましたね。(汗

ちなみに1000ドン以下は流通してませんし、お会計時は店と人によって自動的に切り上げか切り捨てになります。硬貨はありません。


1万円分
1万円分をドンにするとこんな量?(193万ドン)になります。


空港をあとにします
そんな訳で、無事に換金も出来て空港をあとにします。


新しく出来たアジアパーク?
ココが新しく出来たアジアパーク?遊園地?

思った以上にベトナムって近代的なんですね。
大昔の中国みたいに電飾好きって言うか、なんとなくシンガポールみたいな派手さがありますね。
ちょっとベトナムのイメージが違う気がします。
やっぱり同じベトナムでもダナンだけは違うのかな?
ダナンだけは世界に誇る最先端リゾート地って言うし・・・


あれがドラゴンブリッジかな?
遠くに見えるのは、ひょっとしてドラゴン・ブリッジ?

ダナンって郊外立地と言うか、ロードサイド立地なのか?
今まで経験してきたアジアと結構違う?


巨大なホテル?ダナンは近代的?
デッカぃリゾートホテルっぽいのもあるし・・・

ドコとなく、シンガポールっぽいのかな?


隣の橋からドラゴンブリッジを見る
隣の橋からドラゴン・ブリッジを見ます。

意外にも橋と橋の距離が遠いのね。
コレは街中を歩いて探索とか出来なさそうだぞ?
って言うか、夜とは言え歩いている人が全く居ない・・・

そうこうするうちに郊外立地からダナン市内?街中に入って来て・・・

街中の雰囲気は同じですね
(・・?))アレ((?・・)アレレ・・・ 一気にアジア感が出て来たぞ?

ココがタイなのか、バリなのか、プーケットなのか、まるで解らんw
結局、ベトナムもタイもインドネシアも街中は同じ感じですね。


交通事情も同じか‥
交通事情も同じか・・・w

歩道はボコボコ、電線はぐちゃぐちゃ大量、バイクが多くて乗ってるのも大人数、車もバイクもひっきりなしにクラクションを鳴らす・・・
もう、ドコ行っても一緒ですね。

唯一、違うと言えば・・・
ベトナムが今までの中でもっとも交通事情が酷い。
無理やりとか強引に追い抜きするのはイイんだけど、反対車線におもいっきり出て追い抜きって・・・
いつ正面衝突してもおかしくないぞw
中央線が2重線とか、イエローラインとか、ポールがあっても無視?
2重線の意味、まるでないやんww

クラクション、パッシング、ハミ出し、半端無いです。
対向車が目の前に見えてても反対車線にハミ出して行きます。コッチが追い越しするんだから、すこし横に寄って避けてくれよな?ってな感じです。対向車も追い越す車ともスレスレの場面が多くて生きた心地がしません。
何度、足を踏ん張って覚悟したコトか・・・ (滝汗
街中に信号機も数える程しかありませんし、そんな少数精鋭な信号機さえも普通に無視するバイクや車もチラホラ・・・w


で、無事にホテルに到着です
それでも、なんとか無事にホテルへ到着しました。

スデに真っ暗です。バリ島と同じパターンですね。
到着してチェックインしたら真っ暗で初日は何も出来ないパターンです。


ランタンの灯りでお部屋まで案内
チェックイン後はランタンの灯でお部屋までご案内です。

今回のお宿は、全31室しかなく、全てがヴィラタイプのホテルです。
お部屋にはTVもなく、日系ホテルで宿泊する人もほとんど日本人だけと言われているプルクラ・リゾートです。
GW明けでもあり、全部で31室なので満室でも宿泊者自体も極端に少ない訳です。
中の人達が泊まっている間、朝食や夕食で何組(当初は2組?MAX時で4~5組?)か泊まっているのは確認できましたが、ほとんど他の滞在者と出会うコトはなかったです。

どちらかと言うと、ホテルの従業員の方が多いぐらい・・・w

ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ 大丈夫かよ・・・

って常に思っていました。だってお客さんマジで居ないんだもんw
(注 : ホントは居るかも知れないが全く会わない)
メインプールで泳いでるお客さんも0、バーも0、朝食でも夕食でも0で貸切な時の方が多かったと言っても大袈裟じゃないw

来年また来ようと思っても、もうホテル自体が無いかもなぁ・・・
って不謹慎にも思ってしまいました。
ホンマにそれぐらいお客さん居ないんです。マジで。
(注 : ホントは居るかも知れないが全く会わない)
バリのフォーシーズンズでさえ、GW明けは全然人が居ないなぁ~って思いましたが、それでも朝食会場には必ず10~20名くらいは居ましたもん。

ゆっくりしたい、静かなホテルがいい、2人っきりで過ごしたい。
そんなニーズ、プライベート感を求める人にはピッタリです。


だ~れも居ない‥
プールもバーもまだまだ営業中だが、さすがに夜は誰も居ないか・・・


割と真っ暗なんですね
と言うか、思った以上に暗いんですね。

ヴィラタイプで広大な敷地でバギーで移動しないのは今回が初かも。
バギーで雑音を出さないようにしてるのかな?
お部屋にTVを置かないのも、そう言う理由もあるみたいだし・・・


ウェルカムケーキです
ウェルカムハネムーンケーキです。


天蓋がなくて1ベッドが2ベッドになってました
虫は大丈夫なんだろうかと心配になってしまうベッド。

1ベッドルームだったハズが、2ベッドルームになってる?
まぁ、特に問題はありません。
天蓋が無いコトの方が蚊に刺され感染症面で心配ですね。


お風呂ゾーンとかです
お風呂ゾーンとかです。化粧台は左右で2セットありました。

もちろんですが、トイレやバス、シャワーに仕切りはありません。
リゾート地のヴィラはバリでもそうだが、仕切りなんてない。
コレがリゾートでは当たり前でステキで当然の設備なのに、なんで台湾の安ホテルでトイレとシャワーと洗面台が一緒になった仕切り無しは・・・
ぃぁ、全く違うか・・・w


今回は、プールラグーンヴィラで、部屋指定は無いのですが・・・

30号室です
案内されたお部屋は赤丸の30号室でした。

お部屋からプール、ラグーン、海、太陽が一直線に見えるエエ場所。
(おそらくそのように見えるラグーンヴィラは28、29、30、31だけ)
初日から3日間程はお隣の29号室に日本人の方が居て何度かお会いしましたが、その後は全てのラグーンヴィラに誰も泊まってなかったと思う。


ノンラー付です
プルクラに泊まったらコチラのノンラーがプレゼントされます。

ベトナム来た感が一気に上がりますね。
コレはちょと嬉しいかも・・・

問題は、どうやって持って帰るか・・・w

夜も遅いし、暗くてイイ写真も撮れないので・・・
ホテル内探検とか、撮影とかは後日にしてつづきますかね?

(つづく)

関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ベトナム - ジャンル : 海外情報

コメント

あ~通貨の単位がデカイと、私のアタマでは
拒否感半端なく…www
なんでワザワザ【万】ドンなんだろう?

また、交通事情というか、状況を聞いただけで、
パワフルな国って感じがします。
みんな、オラオラどけどけって感じで
ハンドル握ってるんやろな~w

パパさんへ

そうそう、単位が無茶苦茶だとパニックですよね。
インドネシアでも大変ですが、ベトナムはもっと大変です。
英語でやいやい言われると簡単に間違えそうです。

プーケットは割と静かでクラクションはあまり・・・
バリ島は5分に1回ぐらい?渋滞時は1分に1回以上・・・
ベトナムは空いてても1分に1回以上は余裕・・・

コレ、また後日詳細をブログに書きますけど・・・
車やバイクのみならず、自転車も常にベル連打・・・
ベルを連打し過ぎて大体スグに壊れるらしく、壊れても修理するのもアホらしいのか大体はそのまま修理せず放置。

じゃあ、ホイアンとかの繁華街で観光客を乗せる自転車のシクロや現地民が乗る自転車はどうかと言うと・・・
「オラオラどけどけ~!」をベルでやるのが普通なんですが、ベルが壊れているので口で言います。
歩いてると後ろから「ピーピーピー!!」とか「プー!プー!」とか「ぺ!ぺ!ぺ!」とか道を開けるまで口でずっと言って来る訳です。ホイアンの街中は自転車に乗った斉藤さんだらけで面白いと言うか、呆れると言うか・・・w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード