酷道ツーリング@奈良 (つづき)

ハイ、と言う訳で・・・

洞窟の入口です
洞窟の入口です。ココまで降りてくるのも大変でした。

取り敢えず、洞窟探検中に崖崩れで入口が塞がってしまうとナニがアレですので・・・

入口の神社でしっかり安全祈願
入口に神社がありますので、しっかりお祈りしましょうw

それでは、洞窟内の探索スタートっ!





えっと・・・ コレ、想像以上にヤバぃねw

コレはやばい洞窟だw
いきなり細くて低い・・・  ぇ?コレ進むの!?的な・・・


おまけに地面が濡れてて滑りたい放題みたいな・・・

広いようで狭い・・
ちょっと過酷ですね。 中はひんやりと冷たいんですけど・・・


ココはちょっと天井低すぎじゃない?

やばい感じです小学生に戻りたい
今、小学生だったら楽勝なんですけど・・・ (-ω-;)ウーン

そんなこんなで、写真は暗くて撮れませんでしたが・・・
途中で洞窟内に滝があったり、青くないけど青の洞窟的なプチ湖があったりと・・・
コレ以上進めない終点まで行って目的?達成。
基本的に洞窟内は下りですので、奥に進むのは割と楽?
中の温度はひんやり涼しいし、夏は涼しくてイイのでは?


しかし・・・
コレって行き止まりからの帰りは基本的に上りなんですよね・・・

帰りはスタタw
アラフォーにとってはスタスタと戻れませんw

戻ってくのが大変。息が切れてしまいます。
あげく、洞窟内を無事に出られても、そこから崖上までがかなりの急勾配階段で、しかも長い・・・
出発地点の「喫茶ホラ!あな」まで戻ると、かなりの暑さと汗だくになれます。

でさぁ・・・ 個人的な希望なんだけど・・・

喫茶ホラ!あなで涼む?
喫茶内ってもっと涼しくならないのかな?

エアコン効いてるのかョ・・・
ってな感じで汗が引くのに30分ほどかかりましたけどw

ぃゃ~ かなりの酷な道、酷道でしたョ・・・ (;´д`)トホホ


と言う訳で早くも目的を達成してしまったので・・・
ちょっと更に169号線を南下してみます。
多分だけど、TMRメンバーは河南町あたりからぐるっと大回りでグネグネの峠道を通って・・・
具体的には天川村を経由して川上村の洞窟に来たんでしょ?

そんな風に思ってたの・・・ 間違いないっ!m9っ`Д´) ビシッ!!

なので、南下してみる訳です。


そうすると、噂で聞いたコトのある大台ケ原への道はっけん!
当然ですが、時間もたっぷりあるので、寄り道してみます。

で、やっぱ酷道が続くw
うゎ・・・ ココもちょい酷な道かョ・・・


例えて言うなら、ちょい能勢の妙見山的な道ですね。

対向車が来ないコトを願いつつ・・
対向車が来ないコトを願いつつ・・・ マージンたっぷりと・・・


で、しばらく行くと広くなって、ドライブウェーっぽくなります。

やっと広くなってきました
ようやく2車線っぽくなりましたね。(´∀`*)ウフフ

それにしてもロングなコースですね。
妙見山とよく似た感じなんだけど、道路のギャップがないので割と走りやすいです。
そして、何よりもかなり登っていくのか、かなりの涼しさ。
洞窟内なんかより、カラっとしてて涼しいです。


しかし対向車には注意です
しかし、細くなったり広くなったりなので、対向車注意です。


そんなこんなで、かなりの時間と距離を楽しんで?

で到着~w
行き止まりの頂上にとうちゃ~く!


気分は爽快!
クルマも登山客のみ? 快晴だし、広々と気持ちイイ。

しかし、皆さん全員がキャンプ仕様のクルマですね。
登山目的でココまで車で来て、ココから歩きで更に山頂に向われた形跡あり、残りの駐車場に居る方は、愛犬と遊んでたり、熱いコーヒーを自作して飲んでたり・・・
取り敢えず、山頂に居る人は全員がコンロで何か暖をとっておりました。スポーツカーなんてKYです。誰も居ませんw

しかも、ミニバンかバス仕様なのか、駐車場の枠がデカぃ。
そこにきて、上の駐車状態は実はこんな風になってます。

実際はこんな歪んで停まってます
枠内でめっさ斜めの変な停め方・・・

あまりにもエリーゼの納まりが悪かったので、手で押して移動させたら、こんな風になってしまいました。

ぃぁ~、それにしても、大台ケ原って涼しいね。


ってか、寒っww

めっさ快晴なのにww
凍えそうな気温です。半袖の人だれも居ません。
洞窟のひんやりなんて子供です。極寒です。
もうね、スグに下山開始ですw


しかし、さすが山の天気は変わりやすい。

帰り道は雲に包まれました
帰り道は、すっかり雲に覆われました。

そんだけ標高が高いんですよね。寒いハズです。


とりあえず、雲が引くまで休憩&観察。

なんとか段差を乗り越えて展望広場で休憩
慎重に段差を乗り越えて展望広場へ。


辺り一面が雲の中です
辺り一面が雲に覆われてミスト状態です~


しばらくすると、雲も移動して風景が見え出しました。

少し待つと若干晴れてきました
コレは下手すると遭難するかもですよw


そんなこんなで無事に下山するコトが出来ました。
いあ、今日は行きの酷道と言い、洞窟内の酷道と言い・・・
結構ハードでしたね。

と言う訳で、全目的を達成して後は天川村経由で帰るだけ。
帰りの峠道は軽く流してまったりと行きますかぁ~


と、コレがいけなかった・・・

天川村経由の309号線。
今まで体験したコトもない酷道です。
普通は、そういう酷道を通るとネタ的に写真でも撮るけど・・・

ハッキリ言って、そんな余裕まったく無いっす。
なんて言うのかな?

とりあえず、寒い・・・
そしてギリ車1台通れるようなクネクネ道に・・・
舗装されてなかったり、落石跡だらけで・・・
石とか岩とかもそこらじゅうに転がってます・・・
あげく、道路のギャップがハンパない・・・
もちろん、外灯は0です・・・
道路もところどころに穴があったり・・・

およそスポーツカーが走れるような道ではありませんw
と言うか、普通の車でも下を擦るような感じ。
徐行ノロノロでもガッタガタだし、かなり過酷です。
オフロード四駆じゃないと、こんなん無理っす。

しかし、突入してしまったからには仕方ない。
と言うか、スデにUターンもままならない状態。
道路もウェッティだし、勾配も急で徐行でも滑るし・・・
なんと言っても、長いww
道の入口から天川村の中心まで25km?
そっから天川村を抜けて行くのに更に25km?

もう、泣きそうです。
しかし、ココはぐっと堪えて全神経をタイヤと道路に集中!
多分・・・ 2時間くらいの徐行を続けてやっと抜けました。
しかも、今回はフロントリップの裏を擦るコトもなく。
もはや、この309号を無傷で走破できたのは奇跡です。

エリーゼ乗りの方、天川村には近づかない方がイイですよ。
普通に走っても、フロント大破するか、パンクするかもw
携帯も繋がらないし、対向車と言うか車も居ないし、エリーゼであの道でどうにかなると助けて貰うコトも出来ず、かと言ってレッカー車が入って来れる様な道でもありません。
普通に生きて帰って来れないかも?

と言う訳で、大台ケ原を17時には出たのに、自宅に到着したのは22時くらいになってしまいました。
帰り道で約5時間もかかったんですね・・・


もう2度と ・・・ あそこには逝かないと誓いました w



関連記事
blogram投票ボタン

テーマ : ツーリング - ジャンル : 車・バイク

コメント

エクストリーム

行程がスパルタンというかエクストリームというか
オトしたMGも近づきたくない感じですね
でもインディ・ジョーンズな洞窟おもしろそう(~o~)

hiroさんへ

(´▽`*)アハハ 洞窟まではいたって普通ですよ。多分・・・

大台ケ原も寒いくらいだけど、道的には大きな国道を通れば割と安全にアクセスしやすいハズ・・・
今回はちょっと最短を狙いすぎて酷道になってしまいましたが・・・

天川村を経由せずに素直に169号線を大阪に帰れば、コレ以上ないくらいの夏の涼みポイントだと思います。
天川村をMGなんかで走破したら、足回りが逝ってしまう・・・w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

naru (とエリ子)

Author:naru (とエリ子)
軽い車…好きなんです
屋根ないの( ・∀・)イイ!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ポチっと応援よろしくどうぞ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
コメント アリガト!(´▽`)
月別アーカイブ
最新トラックバック
創聖のアクエリオン
ブログ翻訳
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
晴れるといいですねぇ…
リンク
迷走気味なTwitter
グーバーウォーク
Diet Check!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード